「超AI時代の生存戦略」を読んだ感想、これからは働き方を大きく変える必要がある

スポンサーリンク

外国為替証拠金取引の外為オンライン



きょうた
こんにちは!ミニマル投資ブロガーのきょうたです。

なんで嫌々働かないといけないのだろう?

好きなことだけして生きるのはダメなのだろうか?

あなたも一度はこんなことを考えたことがあるのではないでしょうか?

 

僕自身ブロガー、投資家を目指したきっかけは「好きなことだけで生きていきたい」というのが理由です。

この記事では「超AI時代の生存戦略」を読んで僕なりのこれからの時代の生き方について書いています。

超AI時代の生存戦略~仕事はロボットが代用してくれる時代がくる~

超AI時代の生存戦略

あなたは「AIができたら自分の仕事がなるなる!」と考えていませんか?

僕は「必要ない仕事はなくなってもいいのでは」と考えています。

 

めんどくさいことはAIに任せてもいい時代がくるなんて素晴らしいとしか思えません。

一生奴隷のように好きでもない仕事をするなんてどうかしてます。

 

2045年にくると言われている「シンギュラリティ」

実際にyoutuberやインフルエンサーなど好きな事を仕事にしている人はどんどん増えています。

ロボットできてから「好きな事が仕事以外まったくない」ではつまらない人生になります。

そうなった時に時代に取り残されないようにいまから「自分の好きな事はなんなのか?」を見つけておく必要があります。

超AI時代の生存戦略~好きなことをしていい時代がくる~

超AI時代の生存戦略

今までは「仕事=人間」がするものと定義されていました。

しかし、これからは「仕事=ロボット」がするものと定義されるかもしれません。

 

人間が全員遊んで暮らすかというと僕はそうは思いません。

今でも働かなくてもいいのに残業したりする人もいるので働くのが好きな人はずっといなくならないはずです。

これからは仕事が趣味という人だけ僕の変わりに働いてくれればいいなと考えています。

 

超AI時代の生存戦略~仕事だけしていれば良い時代は終わりをむかえる~

今までは「趣味=仕事」みたいな鉄人的な人が少なからずいたわけですが、これからはそうもいきません。

仕事をロボットがしてくれるのなら人間はロボットと同じことをするわけにはいかないからです。

 

「仕事=ロボット」となるなら人間で仕事をする人はかなりの変わりものということになります。

「おまえよくロボットと同じことできるな(笑)」みたいな世の中になれば面白いと僕は考えています。

超AI時代の生存戦略~まとめ~

落合陽一さんが書かれている「超AI時代の生存戦略」を読んでこれから世の中は今まで以上におもしろくなりそうだと考えた。

「AIが人間の代わりに働くのはずっと未来の話だ!」っていう人もいるけど本当にそうでしょう?

 

10年前はスマホもなかったしVR、AR、ドローン、仮想通貨だってなかった。

これからの10年はさらに進化すると僕は考えています。

 

僕はいつ「毎日仕事しなくて遊んで暮らしていいよ!」といわれてもいいようにこれからも生きていきます。

The following two tabs change content below.
きょうた

きょうた

上京して美容師になるも2年で挫折。

ナイトクラブで4年働き独立の勉強のためサラリーマン。

FX投資とブログで念願の独立へ。

ミニマルFXとはミニマリストとして生きて支出を減らし、 少ないFX利益でも投資で生きていく新しい生き方です。