ミニマリスト×幸せな生き方・考え方

きょうたブログ

スポンサーリンク







おすすめ本

【レビュー】「話を聞かない男、地図が読めない女」を読んで僕なりの感想を書いてみた

更新日:

こんにちは!きょうたです。

男の考えていることが理解できない・・・

女の考えていることが理解できない・・・

この悩みは男女が永遠に悩み続けるテーマといっても過言ではありません。

 

じゃないとこんなに離婚したり浮気したりせんよね⁈

 

僕ね、昔から女性が今どう思っているのか?がわからないんですよ(だからモテない)

え?わかるって?おまえほんとか?本当なのか?俺だけなの?なんでそんなに女心わかるの?

正直に言ってくれ、あなたも女心がわからなくて喧嘩したことあるでしょ?

 

そんな非モテな僕を救う本に出会いました。

それが「話を聞かない男 地図が読めない女」という本です。

この本には人間の「男」「女」では脳レベルで構造やホルモンの働きが生まれた瞬間から違うということが書いてあります。

 

ほらほら、脳内レベルで違うらしいよ、これ女心わからなくてもしょうがないフラグたってね?(すいません、うそです、頑張ります、彼女募集中です)

今回は「話を聞かない男 地図が読めない女」を読んで感じたことを書きました。

 

なぜ男は話を人の話をきけないのか?

よく女性とケンカをしたときに「ねぇ!なんで私の話を聞いてくれないの⁈」と言われることはありませんか?

あるよね、あるある、あれなんでバレるんですかね?僕がモテない君だからですかね?

適当にうんうん、ってちゃんとうなずいているのになぜか話聞いてないのバレるんですよね。(思考回路クズ)

 

男性の脳は「論理的」にものごとを組み立てて理解するようにできているため、女性特有の「感情的」な喋り方にはついていけないみたいです。

喧嘩してて、なんでそんなにヒステリックグラマーになるの?ってことありますよね。

あれは脳のつくりがもう根本的に違うので無理みたいです。(あきらめましょう)

 

男性は女性が一番初めに言ってきた言葉に対して「あれ~さっきの発言はどうゆうことだろう?」と考えます、真剣に。

しかし女性はすでに二番目、三番目の話をしています。

この時点で会話にズレが生じます。

 

女性は聞いてくれるだけでいいんですね、別に対して返答なんて求めてないみたいです。

男性は一つずつしか物事を解決できないので、女性からすれば話を聞いてないとみられるわけですね。

考えてるよ、一番目の話を真剣にね、男性からしてら「え?さっきの話もういいの⁈」ってなるわけですね。

 

男性の脳と女性の脳は構造が根本的に違うので一生一緒にいられることは奇跡に近い⁈

アメリカでは結婚したカップルの約50%が離婚しています。

お互いが嫌いで結婚する人はいないはずなので初めはお互いのことは好きなはずですよね。

 

しかし現実には多くのカップルが離婚しているわけです。

なぜでしょうか?

これは脳の構造が男女では全く異なるからです。

 

例えばデートをしている時にタイプの女性がいてチラッと見たつもりが今通りすぎる瞬間に女の人見てたでしょ?と言われたことがある男性は少なくないはず。

いちよう言い訳するよね、みみみ、見てないよ、他の女に興味なんてねぇしってね

 

しかしこの逆は全くといっていいほどない。

これはどうゆうことかというと脳の構造が男性は「鈍感」で女性は「敏感」だからみたいです。

実際には女性もタイプの男性をチラッと見ているんですけど男性がそれにまったく気が付いていないだけ。

 

男って哀れな生き物だな・・・

僕は嘘が付けないので「はい、すいません、見ました!」と正直に言う事にしています。

 

相手を許すか?自分が我慢するか?

「話を聞かない男 地図が読めない女」では上に書いたような男女の「あるあるそんなこと」という事がとてもわかりやすく書いてあります。

では現代社会で男女がうまくやっていくにはどうすればいいのか?

 

それは「相手を許すか」「自分が我慢するか」しか方法はありません。

なぜかというとAIやスマホなど様々なツールが登場していても人間の脳の仕組みを自由に変えることはまだできないからです。

結局人間は自分が一番かわいくて「自分の基準」で物事を考えてしまいます。

 

だから「自分の基準」に合わせてくれない、理解してくれない相手がいると別れるか気晴らしに浮気や不倫をするわけです。

 

男女の脳の仕組みを理解したうえで僕が考えていること

上に書いたのはあくまで一般的に「だれでも知っている解決方法」です。

僕はそれとは別で「固定概念をぶっ壊す」方法がいいのではないかと考えています。

今の社会では付き合ったら浮気は「悪いこと」結婚してれば不倫は「悪いこと」とされているわけです。

 

だからルールを守れない人たちにとっては非常に生きにくい世の中です。

もちろん僕の意見で法律は変わらないしみんなの意見も人それぞれです。

ならば周りの目を気にしないように自由に生きればいいのではないかと考えるわけです。

 

今の世の中の男女事情は以下のような感じです。

  • 男女は結婚したら死ぬまで一緒にいなければいけない
  • 結婚したら子供を産まなければいけない
  • 付き合う人は一度に一人でないといけない
  • 付き合う期間が長ければいずれは結婚を考えなければいけない

 

いちいち周りを気にしない

上に書いたのは法律がどうだからというよりは結局「周りの目」を気にしている場合がほとんどです。

僕はもっとてきとうでいいのではないかと考えています。

 

別に「付き合う」という概念をいちいち持ち出さなくても「自由に一緒にいるだけ」の関係でも全然ありです。

友達に誰かきかれたら「最近一緒にいるのが楽なだけの人、一緒には住んでるけどね」とかいう空気間もありかなとか最近では思います。

 

親友は一生友達として続く場合が多いですよね。

これは親友といえどもある程度の「他人感」があるから。

 

しかし彼女となると自分の生い立ちやプライベートも全て理解してもらう必要があります。

僕はそこまで内側を正直知られたくはないです。

 

「話を聞かない男、地図が読めない女」まとめ

男女の脳の構造やホルモンは生まれながらにして大きく違います。

そこが理解できていないとうまく男女の関係を続けて生きていくのは大変です。

 

この本はそんな男女の脳の仕組みについてとてもわかりやすく書いてるので男女関係で悩んでいる人はおすすめです。

スポンサーリンク







-おすすめ本

Copyright© きょうたブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.