旅系ミニマリストYoutuber

きょうたブログ

スポンサーリンク







プロフィール

好きなことが見つからないなら人を応援して生きればいい

更新日:

本名:郷坪 恭太(ごうつぼ きょうた)

1990年生まれの28歳、広島生まれ。

18歳で上京して10年、猫が好き。

 

簡単な今までの人生

  • 高校卒業とともに美容専門学校へ入学するため上京
  • 憧れの青山で美容師をするも二年で挫折
  • 美容師時代に副業で働いていたクラブで正社員として4年働く
  • 起業したいと思い、クラブで知り合った投資家さんにお願いしてIT企業に転職
  • サラリーマン中に起業ではなく、独立がしたいと気付く
  • 地元広島に戻り友人とYoutuberとして独立

 

こんにちは!きょうたです。

当ブログを読んでいつも読んで頂きありがとうございます。

突然ですがあなたは好きなことがありますか?

 

もし好きなことがあったとしたら好きなことを仕事にできていますか?

最近では「好きなことで生きる」

という言葉を実現している人々がとても多くいるように思います。

 

好きなことで生きている代表といえばやはりYouTuber等が思いあたるかと思います。

YouTuberを見ていると「どうにか好きなことを見つけて生きなければ、、、」とか、

「好きなことがない自分はなんて不幸なんだ、、、」と不安になる人もいるかもしれません。

 

では反対に「好きなことがない人」はどう生きればいいのでしょうか?

好きなことがない人は成功できないのでしょうか?

よく学校の先生や親に「好きなことはなんですか?好きなことや得意なことを伸ばしなさい」

 

とか言われませんでしたか?

じゃあ好きなことがなかったり、飛び抜けて得意なことがない人はダメな人なのでしょうか?

今回は好きなことがない僕が投資家を目指すきっかけになった話をプロフィール変わりに書きます。

 

長いのですが好きなことがなくても幸せに生きたいと考えている人は、

最後まで暇なときでいいので読んでみてください。

 

好きなことがなくなった理由

 

始めに僕自身、昔から好きなことがなかったわけではありません。

髪型やファッションが好きで美容師を目指して上京して、

青山の有名サロンで働いたのですが二年で挫折してしまいました。

 

専門学校も皆勤賞で通って、朝一番に登校して練習して、

放課後も一番遅くまで残って練習していたくらい美容が好きだったのですが、

理不尽な縦社会や痛すぎて寝ることもできないほど酷い手荒れに悩み、

 

完全に好きだった美容師を嫌いになってしまいました。

今だからわかることですが僕は美容学校に通うことや、

ファッションや髪型について友達と語り合うことが好きなだっただけで、

 

美容師として一番大切な「お客さんを綺麗にしてあげたい」

ということ自体が好きではなかったんだと最近色んな仕事を経験して気がつきました。

 

好きなことがない人はダメな人

 

上に書いたように目指していた目標を完全に失った僕は

「生きていけたら仕事は給料がよければ何でもいいや」くらいに考えていました。

美容学校時代の後輩の紹介で六本木のナイトクラブで働き始めたのも、

 

別にお酒が好きだったわけでも、DJや音楽が好きだったわけではなく、

ただ「同い年の人達よりも給料がいいから」これだけの理由、生きていくためです。

実際問題、僕意外にもこういった理由で、

 

好きでもない仕事で働いている人はとても多いのではないでしょうか?

では好きなことを仕事にできていない人は不幸でダメな人なのでしょうか?

もし、そうだとしたら僕はそのダメな人側の人間ということになります。

 

好きなことがないのと夢や目標がないのは別

 

しつこいようですが僕には好きなことがありません。

ただし夢や目標はあります。

何もやりたいことがなくナイトクラブで四年間、

 

普通では会うことすらできないお金持ちのVIP客を接客して働いていた僕が見つけ、

たどり着いた誰にも譲れないたった一つの夢です。

それが「お金持ちになること」

 

おそらくほとんどの人が「そんなの誰もが望んでるよ」「小学生でも考えられるレベルの夢だな」

そう思ったのではないでしょうか?

しかし僕が言うお金持ちとはもっと深く言うと「投資家」ということになります。

 

お金持ちというと誰もが思い浮かべるのが「社長」だと思います。

僕自身ナイトクラブをやめた当初の目標は社長になることでした。

社長になるということはすなわち起業するということ、起業とは「業を起こす」ことです。

 

つまり熱中できる何かを見つけなければいけません。

ここで言う熱中できるとは「好きなこと」ですよね?

おそらく成功している社長さんで自分の会社が大嫌い、

 

自分の会社の事業が大嫌いという人は中々いないことでしょう。

僕はナイトクラブをやめた後、

IT企業に転職してウェブディレクターとして数々の企業の社長さんに会って話を聞いてきました。

 

数えられないくらいの経営者さんの話や様々な事業モデルを見ていたにも関わらず、

僕は「あーすごいなぁ、みんな銀行から借金してまで打ち込めるすごいことがあるんだぁ」

と他人事のように関心してしまっただけでした。

 

じゃあ自分に借金をしてまで打ち込める好きなことがあるのか?

やりたいサービスがあるのか?

作りたいアプリ、商品があるのか?

 

何度も何度も起業するためにビジネスの本を読み、

経済の本を読み、成功者の自己啓発本を読みまくりました。

ただ知識は増えても僕の中で好きなことは見つからないまま2年半という月日が経っていました。

 

クラブをやめたのが25歳だったので

「自分にお金持ちになるのは無理なのか?」と少し諦めはじめたのが28歳の時です。

 

投資家の言葉が僕の生き方を根本から変えた

 

僕は元々期限付でウェブディレクターをやめるつもりだったので、

やめる直前になっても起業する具体案が決まっていなくてとても焦っていました。

そこでウェブディレクターの仕事を紹介してくれた投資家さんに恥を承知で正直に聞くことにしました。

 

聞いた内容はとてもシンプルで

「僕は何が何でもあなたのような投資家、お金持ちになりたいんです!どうしたらなれますか?」

「株ですか?FXですか?起業ですか?どうすればお金持ちになれるのか教えてください!」

 

そこで投資家の人から返ってきた言葉はとても意外な答えでした。

投資家「おまえが想像する金持ちってどうせクラブでバンバンシャンパン空けたり、

チャートの上り、下がりに一喜一憂してるようなやつらのことだろ?」

 

投資家「チャートの上り、下がりに一喜一憂して自分の財産が増えたり、

減ったりするだけで自分意外誰も幸せにならないやつを真の金持ちとは言わない。」

「本当の金持ちとは幸せ持ち、つまり何人の人を幸せにできているのかということだ」

 

「金持ちなるのは実はとてもシンプルで人からありがとうと言われることを続けるだけだ」

金持ちになるには社長になるとか、いい商品やアプリを開発するとか

「方法」ばかりに囚われていた僕の頭に衝撃が走った瞬間でした。

 

幼馴染との偶然の再会

 

僕の友達で幼稚園から高校まで同じ、

前野という幼馴染がいて、

彼は小さい頃からずっと釣りを続けているいわゆるフリーターでした。

 

釣りを仕事にするのはとてもむずかしいらしく、

釣りだけで食べていけるのは本当にごく一部の人間だけという話でした。

前野とは高校まで同じだったとはいえ遊ぶ友人が違えば部活も違い、

 

正直「お互い同じ学校に通っている」程度の認識しか僕にはありませんでした。

ある日、ふとFacebookを開くと、

世界の奥地の誰も行かないような秘境で釣りをしている前野の写真を見かけました。

 

僕は東京にいて前野は地元の広島にいたのですが、

前野がちょうどパプアニューギニアから東京に帰る時に会って話をすることにしました。

 

好きなことを極めている人を助ける

 

なぜ僕が前野と会うことにしたかというと、

せっかく誰も行かないような秘境でバケモノのような魚の釣りをしているのに、

Facebookの更進程度しか世間にアピールしていないのがとてももったいない気がしたからです。

 

前野は釣り業界では有名だったのですが、

釣り業界はご存じの通り釣りが好きな人しか知らない世界。

イチローさんのように野球をしない人でも知っているレベルの釣り人はほぼいない状況です。

 

僕はここに注目することにしました。

前野は釣りだけをひたすら28歳までやってきた「好きなことをやり続けている人」

その反面、動画編集やパソコンの知識は皆無。

 

そこで僕が前野と旅をし、その様子を動画に納めてYouTubeに投稿すれば、

釣りを知らない人にも知ってもらえると考えたのです。

僕はウェブディレクターをやっていたり、

 

プライベートでブログやアフィリエイトをやっていたので、

ITの知識には自信があったし、わからなくてもITの知識なら調べればほとんど解決するので、

動画編集で前野の力になろうと決意しました。

 

感謝されることをする幸せ

 

前野はYouTubeを始める提案に快く乗ってくれました。

前野自信、釣りと旅をして生きていきたいのに、

それをどうやって収益化すればいいのか方法がわからない。

 

YouTubeは候補にあるけど自分で釣りをしながら撮影をするのは困難だし、

何より動画を編集する知識がない状態でくすぶっていたからです。

僕には好きなことがありません。

 

しかし前野が好きなことをすることのサポート役に回れば前野に感謝されます。

僕は投資家の言葉どおり自分に好きなことがないからこそ、

人に感謝されることをひたすら続けて行こうと決めました。

 

実際に旅を続けて動画を撮影するのは楽しいけれど、

楽かと言われると会社のデスクワークのほうが圧倒的に楽です。

しかし、全員とは言いませんがサラリーマンの仕事は変わりになる人はいくらでもいるし、

 

感謝されることは極々まれです。

それよりも僕は前野一人に感謝されるほうがとても幸福感が高いことに気がつきました。

 

今後の目標とこれから好きなことがない人へ

 

好きなことがない僕が前野のサポート役を担当して、

YouTubeを始めるのには理由があります。

それはYouTubeの収益を使って会社を設立するという目標です。

 

会社を設立して社長になって利益が充分に出せるようになれば、

今度は人に支援する、つまり僕の本来の夢である投資家の道に進むことができます。

投資家として人に支援することができればさらに多くの人を幸せにすることができて、

 

より感謝されることが増えていきます。

好きなことがない僕が見つけたたった一つの投資家になるという夢。

実現できるかどうかはわかりません。

 

しかし諦めずに挑戦すればいつか夢は叶えられると信じているし、

美容師を挫折したあの日以降、

僕は全てやりたいことをあきらめずに時間はかかっても実現させてきました。

 

何度も書いて申し訳ないのですが、僕には人生をかけて没頭できるような好きなことはありません。

ただ実現させたい夢や目標はあります。

夢は一つではなく生きていればその分だけ増えていきます。

 

もし、僕のようにとてつもなく好きだったことに挫折して、

好きなことがなくなって悩んでいる人や、

親や先生に好きなことを見つけろとプレッシャーをかけられている人がいたら安心してください。

 

世の中に一生変わらずやり続けられる好きなことがある人なんて本の一握りです。

ほとんどの場合はコロコロ変わって行きますし、そんなもんです。

なんなら親や先生や上司で好きなことが何か聞いてくる人は、

 

自分が好きなことで生きられずに嫌なことで生きている、

だから自分より若い人には好きなことで生きてほしい。

そう思っているだけです。

 

ここまで書くと

「おまえは投資家になるためにYouTubeをするっていう好きなことがあるじゃないか!」

とか言われそうですが勘違いしないでほしいです。

 

投資家は夢でありYouTubeはあくまで夢を実現させるための僕が見つけた手段です。

別に最善の方法がアパレルでも、車販売でも、ラーメン屋でも僕はいいです。

結果として人が幸せになって僕の夢を実現させることができるのならかまいません。

 

というわけで長々書いて申し訳ありません。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

好きなことがない人はまずは身近な人で自分のことを必要としている人はいないか?

 

自分のスキルを誰かの役にたてることはできないか?

そういった視点で物事を見て、始めてみるとそれが案外うまくいくことがあります。

なぜなら人に感謝されることは絶対に誰しも嬉しいので楽しく続けることができるからです。

 

好きなことがないけど投資家を目指している僕のプロフィールでした。

僕らのYouTubeチャンネル「セカマタ~fishing jurny~」は以下のリンクからどうぞ、

もしよろしければ、チャンネル登録よろしくお願い致します。

相方の前野が死ぬほど喜びます。

スポンサーリンク







-プロフィール

Copyright© きょうたブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.