スポンサーリンク







おすすめ本

「君がオヤジになる前に」を読んで僕は改めてオヤジにはなりたくないと思う

更新日:

こんにちは!ミニマル投資ブロガーのきょうたです。

最近中年太りしてオヤジになってきたかも・・・

昔のように元気がない・・・

あなたはこんなことで悩んではいませんか?

 

男として生きているのであればいくつになってもかっこよくいたもの。

中年太りしてハゲたかっこ悪い男にはなりたくないですよね?

この記事では「君がオヤジになる前に」を読んで僕が考える「なりたくないオヤジ」について書いています。

 

君がオヤジになる前に~オヤジの定義とは何か?~

僕が考えるオヤジの定義をいくつか上げてみた。

[aside type="boader"]

  • 昔は良かったといつまでも過去の栄光に浸っている
  • 体系が崩れた理由を年齢のせいにする
  • カラオケでいつも昔の歌を歌う
  • 俺の時代はもっと厳しかったと説教するのが好き
  • 夢をあきらめた理由を誰かのせいにする

[/aside]

少し考えただけでもこれだけ考えられる。

どこがオヤジなのか一つずつ説明していきます。

オヤジの定義①~過去の栄光大好きオジサン~

オヤジ

僕は過去のことにあまり興味がないです。

写真とかも携帯を変えるごとになくなってしまうので昔の写真はもっていません。

 

過去の栄光が好きな人は世の中にけっこう多いですよね。

「県の選抜選手に選ばれたことがある」とか「俺だって昔は細くてモテていた」とか「昔はどこの会社にいて今では有名なあの人とも仕事したことある」とか。

僕はそう言われたらいつも

[voice icon="https://kyoutagotsubo.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_4499.jpg" name="きょうた" type="l"]だから何?今はどうなの?[/voice]

って思ってます。

 

過去に生きて何の意味があるのでしょうか?

過去が好きなのは人にいちいち人の自由ですが自分の中にとどめていればいいのに彼らは必ず人に話してきますよね。

誰かに聞いてほしいのかな。

 

あなたのまわりにも「過去の栄光大好きオジサン」がいるはず。

 

オヤジの定義②~デブは年齢のせい~

自分が太っているのを体系のせいにしている人がよくいますよね。

年齢のせいにするのは個人の自由だけどそれで何か変わることがあるのでしょうか?

 

[voice icon="https://kyoutagotsubo.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_4499.jpg" name="きょうた" type="l"]文句言ってる暇があるならその手に持っているお菓子を捨ててランニングでもすればいいのに・・・[/voice]

 

僕は25歳をすぎてから玄米と納豆中心の生活にすることで体系を維持しています。

イチローさんやキングカズさんだって現役から変わらない体系を維持しているんだから努力すれば人間なんとかなるはずです。

 

オヤジの定義④~カラオケでいつも昔の歌を歌うオジサン~

カラオケで懐メロばかり歌う人っていますよね?

たしかに懐メロは自分の年代に合っていればすぐわかるし楽しい。

 

しかしそれだと思考が停止してしまうと僕は考えています。

今はyoutubeでも最近の曲なんてすぐに見つけられるので「最近の若者の歌は何を言ってるかわからん!」とか言っている人はたいてい聞いたことないか新しい音楽に触れるのを避けているだけ。

いつまでも昔の歌ばかり聞いている人はオヤジになりかけているので注意が必要。

 

オヤジの定義⑤~俺の世代はたいへんだったオジサン~

「俺の時代は部活の時は水が飲めないのが当たり前だったんだ」とか「俺が学生のころは先生から体罰なんて当たり前だ!」とかいう人が多すぎる。

これも「だから何なの?」といいたくなります。

 

あなたが昔厳しくされて育ったのと僕ら世代が厳しくされなければいけないことは全く関係がないこと。

思考が過去のままで止まっているからオジサンになってしまうんですね。

スポーツの時は水分をこまめにとることが科学的にも正しいと証明されているし、体罰やパワハラが鬱や精神病のきっかけになることもわかっています。

 

もし言うのであれば「俺の時代は最悪だったからお前ら世代には絶対にマネしてほしくない」という方が絶対にかっこいい。

自分の苦しい過去を自慢話として後輩に説教していたらそれはオッサンになっている証拠です。

 

オヤジの定義⑥~夢あきらめオジサン~

僕の周りにはこんな人が多い「夢はあったけど子供が生まれたから」と「夢はあったけど年齢がね」とか「夢はあったけど結婚したからさ」とかいう人。

僕はそんな人とは距離をおくようにしています。

 

なぜかというと自分にとって何のプラスにならないから。

結婚も年齢も子供も全てかってにそうなったわけではなくて全部自己責任。

 

それなのに夢をあきらめた理由に奥さんや子供を使うのはダサすぎる。

本当に夢があるならどんな年齢でもやるべきでしょう。

 

僕から言わせればそんなことであきらめる夢なんて「たいしたことない」わけです。

イチローさんだって三浦知良さんだって年齢なんて関係なく現役を続けている。

もう自分の人生にいいわけするのはやめにしよう。

 

君がオヤジになる前にを読んだまとめ

今回は僕が嫌いなオジサンについて記事を書きました。

一度しかない人生なんだからやりたいことをやって全力で生きないともったいない。

自分がオジサンになってる危機感があるなら今すぐ改善することをおすすします。

 

「君がオヤジになる前に」は「あれ?俺オヤジになってるかも?」という人におすすめの本です。

スポンサーリンク







-おすすめ本

Copyright© サラリーマン脱出計画 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.