ミニマリスト×幸せな生き方・考え方

きょうたブログ

スポンサーリンク







働くということ

ワークライフバランスではなくこれからの時代はワークアズライフ!落合陽一が語るこれからの新しい生き方

更新日:

こんにちは!きょうたです。

働き方改革と言われても空いた時間で何をしていいのかわからない・・・

会社には早く帰れと言われるけど仕事が終わらないから家で隠れて仕事をしいる・・・

 

あなたはこんな悩みはないでしょうか?

先日落合陽一さんの「超AI時代の生存戦略」読んでその中に出てくる「ワークアズライフ」という考え方がとてもよかったので今回記事にしました。

 

ワークライフバランスこそがストレスの要因だワークアズならストレスなく働ける

ワークライフバランス

今世の中では「働き方改革」が積極的に進められています。

「プレミアムフライデー」などもその一つですね。

 

ワークライフバランスは働きすぎて鬱になったり自殺する前に「働くこと」「生きること」をきちんとわけてよりよい生活を目指しましょうという動きです。

僕も精神疾患になったことがあるのでこれが大切なのはよくわかります。

 

しかし鬱になる原因が「仕事」ではいつまでたっても問題は解決しません。

いくら休みをとっても働き始めたらまた鬱になります。

 

それでは具体的にどうすれば解決するのでしょうか?

 

ワークアズライフこそがこれからの生き方

ワークアズライフ

僕がブロガーを目指したのはこの「ワークアズライフ」を実現させるためでもあります。

ワークアズライフは「遊びを仕事」にということではなく「仕事と遊びの境界線をなくす」ということです。

 

「仕事=労働」と考えるから毎日がつらいし土日に休息をとらないとしんどくて鬱になってしまう。

そうではなくて「仕事=好きな事」であれば苦痛でないからいつまでも続けれらる。

 

今すぐはむずかしくてもこれから時代はAIが発達してつらい仕事はロボットが変わりに行ってくれるようになる。

そうなると好きな事だけで生きる時代がきてもおかしくはない。

 

ワークアズライフを実現させることは人生の幸福に繫がる

嫌なこと

僕は以前家賃9万円のマンションに住んでいたことがあります。

とうぜん9万円の家賃を払にはそれなりに働く必要があるのでその頃の僕の神経はすり減って限界がきていた。

 

しかし今は収入は半分以下になったし家は二段ベッドのシェアハウスだけど好きなことで生きているので人生で一番幸せです。

ワークアズライフワークアズライフはこれからの時代に必ず必要な生き方になります。

 

youtuberなどはワークアズライフを実現させているいい例でしょう。

彼らは好きな事をしているので休みがなくても毎日休むことなく動画を投稿することができるのです。

 

ワークアズライフで生きるなら資格はいらない

僕は美容師の国家資格をもっています。

昔は「手に職があってうらやましい」と言われていたが実際はそんなに甘くありません。

 

資格があると「その資格以外の仕事をするのがもったいない」という考えになるので身動きがとりづらくなります。

 

これからの時代は好きなことがあればすぐに飛びつける「身軽さ」が大切になります。

これからのワークアズライフの時代に一つのことに特化した資格はいらなくなるでしょう。

 

ワークアズライフという生き方まとめ

あなたはこれからも一生したくもないつらい仕事をつづけますか?

ワークアズライフバランスではなくワークアズライフを実現させましょう。

 

今動き出せばAI時代いつきてもすぐに対応できるはずです。

スポンサーリンク







-働くということ

Copyright© きょうたブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.