ミニマリスト×Investment

ミニマリスト×幸せな投資家

スポンサーリンク







ミニマリスト

独立前に世の中の仕組みを理解するために僕が読んだ本7選

更新日:

こんにちは!きょうたです。

なぜこんなに働いているのに給料が上がらないだろう・・・

働いていないのにお金持ちの人は何が違うんだろう・・・

こんなこと考えたことありません?あるよね?あるとおもう。(決めつけ)

 

これって誰かに搾取されているのかもしれないと考えたわけですね。

今回は世の中の仕組みお金に関する知識を勉強した本を厳選してご紹介します。

 

世の中の仕組みを理解するために読んだ本①「金持ち父さん貧乏父さん」

僕は昔っからほんっっっとうに勉強が嫌いで、本が大っ嫌いでした。

そんな僕が本を中毒のように読み始めるきっかけになったのが金持ち父さん貧乏父さんという本です。

 

本を読むきっかけは、クラブの仕事を辞めてから知り合いの社長にとにかく本を読みまくれと言われたことがきっかけでした。

僕はどんな本を読んだらいいのかわからなかったのでgoogleで「金持ち おすすめ 本」と調べてみました。

今考えたらなんてバカな検索ワードだ。

 

検索の一番上に出てきたのがロバート・キヨサキという人が書いた金持ち父さん貧乏父さんという本でした。

金持ち父さん貧乏父さんの内容はタイトル通り「金持ちな父さん」「貧乏な父さん」という全く性格も暮らし方もお金の使い方も違う二人の人物を比較しながらお金について書いてある本です。

金持ち父さん貧乏父さんはサイフから出ていくお金「支出」と借金などの「負債」についてわかりやすく書いてあります。

 

僕がモノを買わなくなってミニマリストになって資産を買うようになったのもこの本の影響がとても大きい。

この本で学べること

  • 金持ちが使っているお金の仕組み
  • 支出や負債、資産などお金の流れを理解できる
  • いつの時代もお金お金持ちと貧乏人がしていることは同じだとわかる
  • 金持ちと貧乏人の税金の払い方の違い

 

世の中の仕組みを理会するために読んだ本②「ビジネス図解 個人事業主のための節税のしくみ」

 

上に書いた「金持ち父さん貧乏父さん」では基本的にサラリーマンになることは書いていません。

まずは起業をして、会社を立ち上げるか個人事業主になることで税金を少なくする話になっています。

ぜ、税金ってなんだ?ってくらいお金の仕組みを理解していなかったので勉強することにしました。

 

わかります?青色申告とか白色申告とか?もうは?って感じでしょ。

でもね、独立したり起業するなら避けて通れないんですよね、税金の話。

サラリーマンは税金が引かれた状態で給料が振り込まれるので、税金の仕組みを理解することは必要ないのですが、もしも独立を考えている人がいるなら必ず読んでおきましょう。

 

この本で学べること

  • 個人事業主の税金の仕組み
  • 雇われのサラリーマンと個人事業主の税金の仕組みの違い

 

世の中の仕組みを理会するために読んだ本③「不動産投資 1年目の教科書」

 

金持ち父さん貧乏父さんでは不動産投資の話が頻繁に出てくるんですけど。

は?何?不動産って?ってなるよね。

親が土地の運用とかしてるお金持ちならいいけど、僕の親はいたって普通なので不動産投資なんて聞いたことありませんでした。

 

そこで不動さんに関する本を何冊か読んでみることにしました。

いろんな不動産関連の本を読んだ中で僕が一番わかりやすかったのが不動産投資 1年目の教科書という本です。

 

不動産投資 1年目の教科書は不動産投資初心者のために書かれたような本で、投資をしなくても読むだけでかなりの知識を得られます。

この本を読めば自分の毎月の家賃が大家さんの不労所得になっていることがよくわかるので

お、俺の家賃が大家さんの収入になってるだとぉぉぉぉ⁈ってなるので高い家賃の家に住みたくなくなりますよ。

この本で学べること

  • 不動産投資の仕組み
  • 不動産収入の仕組み
  • 不動産投資をするための銀行からの資金調達の仕組み

 

 

世の中の仕組みを理会するために読んだ本④「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」

上にある本を読んだあとに必ず読んで欲しいのがぼくたちに、もうモノは必要ない。という本です。

ミニマリスト的格言で「人間座って半畳、寝て一畳」という言葉があります。

お金持ちだろうと使用する土地の大きさは変わらないということですね。

 

タイトルだけ見るとミニマリストの本のように思えますが、実はこの本には世の中の真理が書いてあります。

僕もいろんな投資家さんや社長さんにあっていますが、みんないたって持ち物は少なく質素です。

理由を知りたい人はまずぼくたちに、もうモノは必要ない。を読もう。

 

この本で学べること

  • ミニマリストとは何かを学べる
  • モノの価値を再確認できる
  • 無理なくミニマリストになる方法が学べる

 

世の中の仕組みを理会するために読んだ本⑤「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」

 

一時期、起業しようかなぁ~って僕は考えていたのですが、株式会社の仕組みを理解していませんでした。

え?わかる株式会社の仕組み⁈大学に行ってたらわかるのかな⁈僕は専門卒なのでまったくわかりませんでした。

そこで読んだ本が億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術です。

 

なぜ株式会社の仕組みなのに株式投資の仕組みの本を読んだのかは触れないでください。ええ間違えたんです。

この本はけっこうむずかしいので、何回か読むことで初めて理解することができるようになります。

株式投資の億万長者、ウォーレン・バフェットがどうゆう基準で株式という資産を買っているのかが細かく説明してあるので株=むずかしいという考えを少しやわらかくしてくれる本です。

ポイント

  • ウォーレン・バフェットの人柄がわかる
  • 決算書から見る「いい会社の見方」を学べる
  • 株式投資がギャンブルではないことを学べる

 

世の中の仕組みを理会するために読んだ本⑥「禅マインド ビギナーズ・マインド」

 

なぜ世の中の仕組みを紹介するのに禅の本なの⁈って思う人もいると思うのですが、世の中の仕組みってまだまだわかっていないことがとても多いんですね。

禅マインドというのは世界中で深く理解されている考え方で、アップル創業者スティーブジョブズも禅に深く精通したと言われています。

この本は世の中の仕組みというか人間としての真理を学べるので一度読むことをおすすめします。

ポイント

  • 禅とは何かを学べる
  • 座禅と呼吸法を知れる
  • 自分を理解する方法を学べる

 

世の中の仕組みを理会するために読んだ本⑦「多動力」

 

いざ起業しよう、独立しようと考えていてもなかなか行動できないですよね。

できる⁈よく会社やめたいならやめればいいって言うけどさ、中々動き出せんよね⁈

今動き出すことは正解なのか?

 

多動力は迷っている自分を後押ししてくれる一冊。

世の中の仕組みというか結局は動き出したもの勝ちだよねって本です。

この本で学べること

  • 周りを気にして生きても意味がないと教えてくれる
  • これからの新しい生き方を学べる
  • とにかく行動する大切さが学べる

 

世の中の仕組みを理解するために読んだ本まとめ

僕が本を読むことでわかったのは世の中の仕組みを知らないととっても損をするということでした。

なんでこんなに毎日に頑張って働いてるのにお金がないんだろう?

あまり働かなくてもお金がある人は何が違うんだろう?

 

こんな疑問がある人はこの記事でまとめた本をぜひ読んでほしいです。

じゃあまたね~

スポンサーリンク







-ミニマリスト

Copyright© ミニマリスト×幸せな投資家 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.