月額1,980円で飲食店の廃棄になる食べ物を注文できるサービス「ReduceGO」がスタート!毎月の食費も定額制にできる時代に!

スポンサーリンク

外国為替証拠金取引の外為オンライン



きょうた
こんにちは!きょうたです。

あなたは毎月の食費にどれくらいのお金をかけていますか?

毎月嫌でも発生するのが「食費」ですよね。

 

しかしこの食費を毎月定額にすることができれば食費を節約して生きていけます。

そんな夢のようなサービスを実現させたのが「ReduceGO」というサービスです。

 

この記事では「ReduceGO」について詳しくご紹介しています。

 

ReduceGOは月額1,980円!普通の食費はどれくらいなのか?

食費

食費は男女に関係なく食べる量が違えば金額も大きく変わります。

毎食外食で500円だとしても500円×3食=1,500円が一日の食事です。

 

年間だと1,500円×365日=547,500円


きょうた
年間540万円も食費に使ってるのか・・・

ReduceGOを使えば月額1,980円なので年間で3,960円です。

何とReduceGOを使えば年間で530万円の食費を節約することが出来ます。

 

ReduceGOは食費を定額にすることができる夢のサービス

ReduceGO

「ReduceGO」は定額1,980円を払えば提携している飲食店の余った食事をタダで食べることができます。

日本では年間で642万トンのフードロスがあります。

 

フードロスとは食べられるのにあえて捨てている食事のことです。


きょうた
もったいない発祥の国なのにもったいない・・・

なんと日本人はお茶碗にすると毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てていることになるそうです。

「ReduceGO」は仕方なく食事を捨てる飲食店と食事を食べたいユーザーをつなぐ夢のようなサービスなんです。

 

ReduceGOまとめ

ReduceGO

毎月かかる「食費」携帯代みたいに月額1,980円で固定できる夢のサービス「ReduceGO」を紹介しました。

毎月の固定費を下げることができれば今まで以上に好きなことにお金を使えますね。

The following two tabs change content below.
きょうた

きょうた

上京して美容師になるも2年で挫折。

ナイトクラブで4年働き独立の勉強のためサラリーマン。

FX投資とブログで念願の独立へ。

ミニマルFXとはミニマリストとして生きて支出を減らし、 少ないFX利益でも投資で生きていく新しい生き方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。