大学に行かない人生ってどうなの?美容学校卒で投資家の僕が大学に行かないことについて記事を書いた

スポンサーリンク

外国為替証拠金取引の外為オンライン



きょうた
こんにちは!きょうたです。

大学に行っていないと将来苦労すると親に言われて不安だ・・・

大学には行きたくないけど、大学に行かない人生ってどうなんだろう?

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

 

僕の最終学歴は美容専門学校卒。

しかし僕は「大学に行っておけばよかった・・・」と考えたことは一度もない。

今回は大学に行かない人生ってどうなんんだろう?と大学に行きたくなくて悩んでいる人へむけて記事を書きました。

 

大学に行かないと人生はどうなるのか?

大学に行かない人生

「大学に行かなかったやつの人生はダメになる」と父に教育(洗脳)されて生きていました。

しかし今のところ生きていて「大学に行かなくて困ったこと」というのは全くない。

むしろ大学に行かなくてよかったと今でも思っています。

 

これは強がってるとかではなく大学に行かなくて困ったことを探すことが逆にむずかしいからです。

僕の周りは高卒や中卒でも会社の社長をやっている人が多い。

 

結果的に何が言いたいかというと「大学に行かなくても普通に生きていける」ということ。

別に大学に行かなかったから「野垂れ死ぬ」とか「差別を受ける」なんてことはない。

もし人からどう思われているか気になるなら後から大学を受けて学歴だけ東大とかにするのもありだと思う。

そんなことをして何になるのか全く分からないのでおすすめはできませんが・・・

 

大学に行かない人生は失敗だと思っているならそれは勘違い

大学を卒業

大学に行かなかった僕からすると「大学に行った人はさぞかし人生勝ち組で幸せいっぱいのだろう」と昔は思っていました。

しかし大学を卒業してそれなりの良い企業に勤めている友達も「将来が不安だ。」とか「結婚したらサラリーマンをやめられなくなる。」と人それぞれ生きていれば悩みはつきません。

 

ということは大学を卒業すれば「人生大成功」というのはわけではなさそうだ。

人生というのは自分がよければそれでいい。

高卒でプロ野球選手で億を稼いでいる人と大卒で年収が500万円の人だとどっちがいいでしょうか?

お金が全てとは言わないですがお金が大切なのは事実です。

 

大学に行かない人生というのはそれくらいどうでもいいことなんです。

 

大学に行かない人生は職業の自由が狭まるのは事実

大学を出ていなくてもなんでも出来るかといえばそうではありません。

もちろん正社員の募集条件が大学以上という場合もあるし、4大学以下は書類選考の時点で落ちるみたいな職業もあります。

 

外資企業や大手メガバンクなどみんながなりたい職業ランキング上位の仕事は今でもそうです。

僕みたいに高校の時に勉強がとても嫌いで「大学にいってもまた勉強とか絶対無理だわ」という人はそもそも一流の大学には行けないのであきらめればいいだけです。

 

それを勉強もしないで「いい大学に行けていない俺の人生詰んだ」と後悔するのは少し考え方がズレています。

もしも本気で大手企業に入りたいなら初めから真剣に勉強していればよかっただけの話ですよね。

 

ちなみに僕のように頭が悪くてもブログや投資で生きている人もいるので大学に行かない人生が終っているというのは一種の洗脳か宗教だなくらいに考えていれば大丈夫です。

中途半端な大学にしか行けないのなら大学に行かないほうがまし

もしあなたが大学に行きたいのなら「日本でトップの大学」に行かないと意味がありません。

僕の友達で「名前も聞いたことがない大学」を出て「名前も聞いたことがない企業」に就職した友達が何人もいましたがみんな仕事をやめてフラフラしています。

 

中途半端だと就職先も中途半端になるのでそれこそまわりと自分を比べて「人生詰んだ」と考えてしまうかもしれません。

大学に行かない人生はどうか不安になるくらいならいっそのこと死ぬほど勉強して誰もが認める一流大学に行ってから考えても遅くはないです。

 

大学に行かない人生を選ぶと周りと比べることをそもそもしなくなる

大学出のプライド

大学を出てしまうと「俺は〇〇大学を出た!」と学校が自分のブランドになっているプライドの塊みたいな人が多いです。

大人になれば「出た学校」「仕事ができるか」は全く関係ないにもかかわらずいまだに「君はどこの大学出身?」と聞いてくる古いタイプの人間がいます。

 

その手の人はたいてい学歴以外で自分を主張できない悲しい人間の場合がおおい。

本当にできる人は「学歴」ではなく「人間力」で判断するものです。

 

僕のように学歴がないとそもそも比べるものがないので「へぇ~〇〇大学なんですね、よくわからんけどすごいんですね(笑)」くらい生きていてどうでもよくなります。

大学に行かない人生と行く人生では何が違うのか?

ここまで書いたことをふまえて僕なりに考えた大学に行った人と行ってない人の人生の違いをまとめました。

※これは僕の主観から見た考え方です。


大学に行った人の人生

  • 大学を出たことをいつまでも自慢する
  • 大学に出ていない人間をクズ扱いする
  • 言われたとおりにしか行動できない
  • だいたい一生サラリーマン
  • 意識高い大学生は起業して成功する
大学に行っていない人

  • 失うものがないのでいい意味でプライドがない
  • プライドがないので好きな事をしている人が多い
  • 人の言うことを聞くのが嫌いなので社長になっている人が多い
  • はじめから安定がないので安定をもとめて生きていない

大学に行かない人生でもなんとかなる理由まとめ

人生何とかなるよ

人それぞれいろんな生き方があります。

どれがよくてどれがダメってのはありません。

 

大学に行く人生も行かない人生もその人の自由です。

大学に行かなかったから「人生詰んでいる」というのは少し違うなと考えています。

 

僕みたいに美容専門卒で美容師もすぐにやめて大学に行かなくてもブログと投資で生きている人もいます。

人生どうにかなってもその時が幸せだったらいいじゃないですか。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が楽しかったら他の記事もぜひ読んでみてください。

The following two tabs change content below.
きょうた

きょうた

上京して美容師になるも2年で挫折。

ナイトクラブで4年働き独立の勉強のためサラリーマン。

FX投資とブログで念願の独立へ。

ミニマルFXとはミニマリストとして生きて支出を減らし、 少ないFX利益でも投資で生きていく新しい生き方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。