「もう働きたくない」そんなあなたが知っておくと得する「働かない生き方」

スポンサーリンク

外国為替証拠金取引の外為オンライン



会社休む

きょうた
こんにちは!きょうたです。

毎日満員電車に乗って残業ばかりの毎日はもう嫌だ・・・

できることならもう働きたくない・・・

あなたはこんなことで悩んではいませんか?

 

僕もストレスから精神疾患になり「働きたくない病」で悩んでいたことがあります。

実際働きたくないと言っても生きていくにはお金が必要ですよね。

今回は「もう働きたくない」と思った時に知っておくと得する「働かないで生きる方法」をご紹介します。

 

働かない生きる方法~ニートになる~

会社休む

まず働かない生き方として一番はじめに思い浮かぶのが「ニートになる」といいう方法でしょう。

もちろん「ニートを進めるとはなにごとか!」という当然の意見もよくわかります。

 

しかし世間の目が気にならずご両親に理解があるのならそれもありではないでしょうか。

「働きたくない」と思っているのに誰にも相談できずに命を落としてしまうのとニートではあるけど生きていてくれるのはどちらがいいでしょうか?

 

ほとんどの親であれば死ぬよりは生きていてくれたほうがいいと考えるはずです。

ただしニートは親に全ての経済状況を委ねているので親がいなくなればニートを続けるのは難しいことは覚悟しておく必要があります。

働かない生き方~自給自足で生きる~

自給自足

働かない生き方として次に考えられるのが自給自足の生活です。

実は世の中には自給自足だけで生きている人がけっこういます。

 

当然都会に住んだり便利な生活は望めませんが「自分が生きていく分だけ」自給自足すれば生きることは可能です。

僕が以前シェアハウスで出会った友人は農業を手伝う代わりに家賃や光熱費をタダにしてもらって自給自足をして生きていました。

 

自給自足の生活だと年間の収入が100万円以下でも生きていけるそうです。

もちろん子供がいたり結婚しているとそのような生活はなかなかできないですが、あなたが独身なら試してみるのもおもしろいでしょう。

なぜ働きたくないのか具体的な原因を考えてみる

働きたくない

「働きたくない」と考えるのは「好きではないことをやらされている」という考え方からくることがほとんどです。

「仕事=嫌なこと」だから続けたくないしやめたくなります。

 

反対に「好きなこと=仕事」であれば苦ではないので続けられます。

「好きなこと=仕事」なので仕事はしているけれど本人に働いている感覚はありません。

 

これも言い方を変えれば「働かない生き方」とも言えます。

 

働かない生き方~投資の利益だけで生きる~

あなたに有り余るお金があれば株や不動産などの投資で不労所得を得ながら生きていくこともできます。

もちろんお金があるだけではダメなのである程度投資にかんする勉強は必要です。

 

しかし一生嫌な仕事をするよりは少しの間勉強をすればお金に困らない「働かない生き方」を選ぶこともできるでしょう。

ただし投資をするにまとまったお金を用意する必要があるのである程度働く必要があるかもしれません。

 

例外的にあなたに人脈があるのなら「まとまったお金」を誰からからもらうのも一つの手です。


働かない生き方~印税で生きる~

あなたにアーティスト的な才能があるのなら本を書いたり、作曲をしたりして売れた印税で稼ぐことができます。

今の時代は顔を出さなくても才能があれば曲が売れる時代です。

 

好きな事で将来働かないために好きな事をやりつつフリーターを続けるの本人がいいなら悪くないでしょう。

働かない生き方~まとめ~

あなたは毎日頑張りすぎていませんか?

本当に「もう無理だ」って感じたなら働かないのも人生かもしれません。

 

休みたいときは休みましょう。

僕は「持たない幸福論」という本を読んでからいい意味で気を抜けるようになりました。

The following two tabs change content below.
きょうた

きょうた

上京して美容師になるも2年で挫折。

ナイトクラブで4年働き独立の勉強のためサラリーマン。

FX投資とブログで念願の独立へ。

ミニマルFXとはミニマリストとして生きて支出を減らし、 少ないFX利益でも投資で生きていく新しい生き方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。