クレジットカードをリボ払いにしていませんか?リボ払いで50万円の借金を背負った僕が絶対にリボ払いだけはすすめない理由

スポンサーリンク

外国為替証拠金取引の外為オンライン



きょうた
こんにちは!きょうたです。

みなさんはリボ払いって知ってますか?

毎月生活費がキツい・・・

給料日前だけどほしい物があって・・・

こんな理由で月々の支払いを「リボ払い」に設定している人も少なくないはず。

 

僕自身月々の支払が楽だという理由でリボ払いにしていました。


きょうた
しかし気がつけば借金が50万円も・・・

この記事では僕と同じようにリボ払いの地獄にはまる人がいないように、リボ払いがどれだけ危険なのかを書きました。

リボ払いとは?

まずリボ払いがどのようなものなのか説明します。

通常クレジットカードは決済した金額が締め日の翌月に請求がきます。

 

しかしクレジットカードは使用限度額までは使うことができるので「知らず知らず使いすぎること」がありますよね?

知らず知らずうちに驚くほどの請求がきてしまった人も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし多額の請求を禁断の方法がリボ払いなのです。

リボ払いは使える金額は通常のクレジットカードと同じなのですが「毎月の支払額を一定にできます。」

 

きょうた
え?どれだけ使っても支払い額が一定って最高じゃん!

ここから僕が僕が情弱なせいで50万円もの借金を背負うことになります。

 

知らないと怖いリボ払いの仕組み

リボ払い

リボ払いは上に書いたように「毎月の支払金額が一定」です。

実はクレジットカードは一括で支払う場合は手数料はありませんが分割やリボ払いの場合は手数料が発生します。

 

クレジットカード一括払いの翌月の支払い金額

一括払いの場合は手数料がないので翌月に支払う金額は同じ。


クレジットカード一括払いの仕組み

 

リボ払いにした場合の支払い金額

リボ払いが怖いのは支払いが一定なのに使用金額限度額まで達していなければずっと使い続ける子ことができるということ。


リボ払い

例えば上の表の場合は支払い金額は毎月5千円。

4万円使用したのであればそれ以降一度もしようしなければ「4万円÷5千円+手数料=約9ヵ月」で完済ができる。

 

しかしそれまでに追加でクレジットカードをしようすれば支払い元本がその分増えていく。

さらに恐ろしいのが手数料も増えていくことだ。

 

僕の場合は限度額が50万円のカードだったので気がつけば限度額ギリギリの50万円の支払い金額になっていた。


きょうた
ざわざわざわざわざわざわ・・・

リボの怖いのは実際には50万円の借金状態でも支払った分はまた使用できるということ。

一万円支払えば残りは49万円使えるのでまた一万円カードが使える。

僕は完全に抜けられない沼にはまってしまったわけです。

 

具体的にどうやって完済したのか?

では具体的にどうすればリボ払いの沼を抜け出せるのかというと「一括で返す」これが一番いいです。

「一括で返せたら苦労しねぇんだよ!」って声が聞こえてきそうですね。

 

 

残念ながら50万円のリボ払いを手数料とともに返済していたら何年かかるかわかりません。

僕はクラブで働いていた時のボーナスで一括返済してからカードを止めてクレジットカードを折りました(笑)

 

僕はまとまったお金が入ったのでよかったのですがそれがなければ今でも借金を返していたかもしれません。

さいごに

最後にもう一度言わせて下さい。


きょうた
リボ払いは絶対にするな!

リボ払いは本当にだめです。

 

クレジットカードはとても便利なので一括で使えばぜんぜん問題ありません。

ただ分割やリボ払いにしている時点で「支払い能力がない」ということなので絶対にダメです。

 

クレジットカード会社によってはカードを作るときに自然にリボ払いになるようにしている会社もあります。

※もちろん注意書きは小さく書いてあります。

「ご利用は計画的に」とは言いますが正確には「ご利用は自己責任で」がただしいです。

借金は誰も助けてくれません。

知らず知らずリボ払いにしている人はいますぐやめましょう。

The following two tabs change content below.
きょうた

きょうた

上京して美容師になるも2年で挫折。

ナイトクラブで4年働き独立の勉強のためサラリーマン。

FX投資とブログで念願の独立へ。

ミニマルFXとはミニマリストとして生きて支出を減らし、 少ないFX利益でも投資で生きていく新しい生き方です。