季節ごとの服だけを着たいのでミニマリストの僕はスタメン以外の服を断捨離する

スポンサーリンク

外国為替証拠金取引の外為オンライン



ミニマリスト断捨離

きょうた
こんにちは!ミニマル投資家のきょうたです。

あなたは季節ごとの衣替えはどうしていますか?

「衣替えでも登場しない永遠のベンチくん」

ラベル名
(テキスト)
みたいな服がクローゼットに眠っていませんか?

 

今回はミニマリストの僕が実践している服の管理方法をご紹介します。

 

ミニマリストの僕はメインで着る服以外を全て断捨離する

ミニマリスト断捨離

あなたは一週間にいくつの服を着ますか?

毎日コーデを変える人でも7着以上服を着る人はなかなかいないのでしょう。

 

しかしほとんどの人はそれ以上の服を持っています。

一週間は7日しかないのにそれ以上の服を持っていても意味がないと僕は考えています。

 

夏は夏服、冬は冬服だけ持つようにしています。

そうすれば衣替えのたびに新しい服が着れるのでとても気持ちがいいし常に最新のファッション着れるのでとてもおすすめです。

 

断捨離した服以外が全てスタメンという状況をつねに作る

ミニマリスト断捨離

僕は毎日同じ服を着ています。

ミニマリストがよく言う「私服の制服化」ですね。

 

自分がスタメンだと思えば何着持っていてもいいです。

必ずしも極端に少なく持てばいいわけではありません。

僕の場合は以下の通りです。


断捨離した服以外のスタメン春、秋服編

  • 無印のジャケット
  • ユニクロのVネックTシャツ
  • ユニックの白シャツ
  • ユニクロのスキニー
  • アディダススタンスミススニーカーブラック
  • ヒートテック上下(温度調節のため)
断捨離した服以外のスタメン夏服編

  • ユニクロのVネックTシャツ
  • ユニクロのスキニー
  • アディダススタンスミススニーカーブラック
  • ユニクロのビーチサンダル
断捨離した服以外のスタメン冬服編

  • ユニクロのダウンジャケット
  • ユニクロのVネックTシャツ
  • ユニクロのスキニー
  • アディダススタンスミススニーカーブラック
  • ヒートテック上下(温度調節のため)

どうでしょうか?僕は季節をとおして殆ど同じコーディネートです。

これは同じものを一年中着続けるという意味ではありません。

 

もちろんボロくなれば買い替えます。

しかし違う服を買うと服が増えるので「同じ服」を買います。

 

ボロくなったり汚くなった服は断捨離します。

高級ブランドなら捨てるのに躊躇するところですが僕が買う服は安いものが多いのですぐに捨てれます。

 

ミニマリストの僕はスタメン以外を断捨離するコーディネートを作るコツ

できるだけ少ない服をだけを持つコツとしては「定番アイテムかつどこでも買えるおオシャレな服を選ぶ」ことが重要です。

「季節限定」や「期間限定」のアイテムは魅力的です。

 

しかし一度販売されただけで二度と販売されないアイテムだと断捨離するにも躊躇してまうし、買い直しが出来ないので僕は買いません。

できるだけ型やデザインが大きく変わらないものを選ぶことが重要です。

さらにどこでも買えることが重要です。

 

万が一「東京でしか手に入らない」アイテムを選んでしまうといちいち東京に行かないといけない、もしくは通販で届くのを待つ必要があります。

ユニクロや無印だと日本や海外にも店舗があるので生きる場所を制限されないのがいいですね。

 

ミニマリストの僕は一年着ない服はすぐに断捨離する

ミニマリスト断捨離

せっかくお金を出して買った服です。

断捨離するには勇気がいることでしょう。

 

しかし一年着ない服ということは「一年間忘れていた服」ということです。

おそらく今後も着ることはありません。

 

さらに着ない服を持っているということは「着ない服を保管するだけのスペースに家賃を払っている」ということ。

こんなもったいないことはありません。

さぁ着ていない服があるならいますぐ断捨離しましょう。

 

ミニマリスト流季節ごとの服以外を断捨離するまとめ

季節の変わり目は衣替えで服を断捨離するチャンスです。

せっかく断捨離するなのに季節の服を入れ替えるだけだと非常にもったいない。

 

「あ~この服あったな~来年も着るかも~」は必ず着ないので思い切って断捨離しましょう。

The following two tabs change content below.
きょうた

きょうた

上京して美容師になるも2年で挫折。

ナイトクラブで4年働き独立の勉強のためサラリーマン。

FX投資とブログで念願の独立へ。

ミニマルFXとはミニマリストとして生きて支出を減らし、 少ないFX利益でも投資で生きていく新しい生き方です。