FXでよく聞くスプレッドって何のこと?初心者でもわかるFXスプレッドについてまとめました

スポンサーリンク

外国為替証拠金取引の外為オンライン



FXスプレッド

きょうた
こんにちは!ミニマル投資ブロガーのきょうた(@Kyouta_Gotsubo)です。

FXを始める上で必ず出てくる用語が「スプレッド」

FXでよく聞くけど実際にきちんと理解していない人も少なくないはずです。

 

この記事ではFXスプレッドについてわかりやすく解説しています。

FXのスプレッドとは?

FXスプレッド

FXのスプレッドとは「買値」「売値」の差です。


きょうた
いや、いきなり買値と売値とか言われてもわからん・・・

ってなりますよね?

FXの取引所の画面を見ると以下のような画面があります。

以下は僕が使っている外為.comのPC画面です。


FXスプレッド

ドル・円の部分を見ていただけると赤い枠が「買値」で青い枠が「売値」です。

図は買値が「107.636」売値が「107.639」となっています。

 

「107.636−107.639」「0.3」です。

つまりこれが買値と売値の差がスプレッドということになります。

 

FX業者によりますが外為.comは右上のオレンジの部分に現在のスプレッドが書いてあります。

FXスプレッドは業者に払う手数料

FXスプレッドの仕組みは上で説明したとおりです。

FXスプレッドは毎回トレードするたびにFX業者に支払う手数料です。

 

銀行の引き出し手数料と同じで手数料は安いほうがいいですよね。

このことからFX業者を選ぶならスプレッドが狭い、つまり手数料が安い業者を選んだ方が得だということです。

 

FXスプレッドまとめ

今回はFXスプレッドについてまとめました。

FXを取引する上でスプレッドは必ず出てくるので必ず理解しておくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
きょうた

きょうた

上京して美容師になるも2年で挫折。

ナイトクラブで4年働き独立の勉強のためサラリーマン。

FX投資とブログで念願の独立へ。

ミニマルFXとはミニマリストとして生きて支出を減らし、 少ないFX利益でも投資で生きていく新しい生き方です。