スポンサーリンク







FX初心者

FXでよく聞くpipsとは?1pipsでいくらになるのか?

更新日:

pipsとは
こんにちは!ミニマルFX投資ブロガーのきょう(@Kyouta_Gotsubo)たです。

FXをはじめたけど「pips」がよくわからない・・・

利益確定は〇〇pips教材に書いてあってもどこを見ていいのかわからない・・・

あなたはこんなことで悩んでいるのではないでしょうか?

僕自身FXをはじめたころはpipsについてよくわからないままトレードをしていて、勘で決済していたのでその頃はボロ負けしていました。

 

今回はFXでとても重要な「pipsとは?」ということについて記事を書きました。

FXで重要なpipsとは何なのか?

まずFXでよく聞く「pips」とは何なのか?

かんたんに言うと「国の通貨ごとに単位や呼び方が違うと分かりにくいからFXの取引の時は統一した呼び方をしよう」ということです。

 

もちろん「ドル」にたいして自分の「円」がいくらプラスになったかは重要ですが金額だけでトレードをしていると金額が上がった時に動揺してしまいます。

例えば損失が300円なら思い切って損切できますが、これが10倍、100倍と取引金額が上がっても同じように損切りすることができるでしょうか?

 

しかし「pips」は1000通貨でも1万通貨でも同じです。

「pips」で取引することになれていれば損切や利確の基準を見失うことはありません。

FXで「pips」を理解することはそれくらい重要です。

 

FXのpipsはどこで確認するのか?

次に「pips」をどこで確認するのかを説明します。

今回はドル円で「売り」注文を入れた場合の画面です。

fXpips

赤枠部分に現在のpipsが書いてあります。

「pips」の見方は自分が「注文した価格」から「現在の価格」を引くことで今自分が何pipsかけ計算することができます。

 

上の図では注文した価格よりも現在価格が上回っているので「-3pips」と表示されています。

FXの1pipsはいくらなのか?

pipsとは

上では「pips」の見方を書きました。

最後に「1pips」が動くといくら金額が動くのかということですが、答えは「一銭」です。

 

生活では1円単位までしか関わることはありませんがFXでは1円より下の「一銭」の方がよくみますよね。

なぜなら一日で1円動くことはそうそうないからです。(※動くこともあります)

 

上の図ではドル円で「買い」の価格が「109.055」なので見るべき点は小数点以下2桁目です。

もっとわかりやすく言うと「1pips=一銭」「10pips=0.1円」「100pips=1円」です。

 

FXのpipsとはまとめ

今回はFXで必ず必要になる「pips」について記事を書きました。

トレードをしながら「pips」を把握するのは慣れるまで大変ですが慣れればかんたんです。

 

fXでは「〇pipsで利益確定」「〇pipsを下回ったら損切り」など「pips」はよく使うので必ず理解しておきましょう。

スポンサーリンク







-FX初心者

Copyright© サラリーマン脱出計画 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.