FX長期トレードは雲がカギ⁈よく聞くけどわからない雲について解説します

スポンサーリンク

外国為替証拠金取引の外為オンライン



FX雲

きょうた
こんにちは!ミニマルFX投資ブロガーのきょうたです。

FXでは「この雲を抜けたら買いだ!この雲を抜けたら売りだ!」とういう言葉をよく聞きます。


きょうた
投資の雲?何それ?

僕もFXをはじめたころはそう思ってました。

この記事ではFXでよく聞く「雲」について解説しています。

FXの雲とは何のこと?

FX雲

FXで言う雲とは「一目均衡表」のことです。

「一目均衡表」とは過去のデータをもとに少し先の相場の未来を予想するテクニカルチャートの事です。

「一目均衡表」を使うタイミングは人それぞれですが僕は長期トレードで使います。

 

使う時間足は「日足」

短期のトレードでも「一目均衡表」を使用したことがあるのですがあまりうまくいきませんでした。

 

FXの一目均衡表の雲を使いこなす

FX雲

具体的に一目均衡表の使い方を説明していきます。

※このトレード方法はFX講師をしていた僕の友人が使っている方法なので使う際は自己責任でお願いします。僕は基本的にデイトレードしかしません。

上に書いたように「一目均衡表」を使う時は「日足」で表示させてください。

次にチャートのテクニカルを追加する項目で「一目均衡表」を追加してください。

 

すると上の図のようにチャートの上に「雲」が現れます。

これが世間一般で言われるFXの「雲」です。

FXで雲を使いこなすには経済指標をきちんと把握する

FXで雲を使いこなすには「経済指標」が必須になってきます。

把握する経済指標は以下のとおりです。


FXの雲で使う経済指標

  • CME価格
  • 日経先物
  • Nikei225
  • 米10年国債
  • ダウ平均株価
  • WTI価格
  • 上海証券取引所価格

上から順番に説明すると時間がかかりすぎるので個別の「経済指標」に関する記事は別に書きます。

まずは上記の順番を間違えることなく並べてください。

この順番を入れ替えたりしないように必ず注意してください。

 

僕が一目均衡表で使うトレード方法は上記の価格が全て上昇トレンドになった時にのみ使います。

経済指標が全て上昇トレンドになったら雲を確認する

上の経済指標が全て上昇トレンドになったら次は日足の「雲」を確認してください。

チャートロウソクが雲の中にあり、さらに雲を突き抜けそうになったら「買い」注文をいれてください。

ここでもしチャートが予想と逆の下落になったらすぐに損切りしてください。


FX雲

 

なぜかというとこの「雲」を使った注文方法は長期的に利益を出し続けるトレード方法なので、万が一予想と逆に相場が動いた場合は損失がとても大きくなる可能性がるので予想と違った場合はすぐに損切りをしてください。

 

雲を抜けたあとは階段式に注文をいれていく

一度雲を抜けた場合は上昇トレンドが長く続く可能性が非常に高いです。

しかしポジションを一つだけ持っていると利益の取り方が一回で終わってしまいます。

 

せっかくの長期トレードなので利益は大きく取りたいですよね。

そのために雲を抜けたら上に上がるたびに階段式に買い注文を入れてください。

それと同時に売り注文も階段式に入れていきます。

 

以下がかんたんに説明した図です。


FX雲

この方法だと相場が上がり続けるかぎり利益は階段式に上がっていきます。

逆に上昇トレンドが終われば一番新しい注文、つまり階段の上の注文から自動で決済されていきます。

FXで雲を使うトレードの注意点

上に書いた「雲」を使ったトレードで注意することがあります。

それは「資金がないとできない」ということ。

上記に書いたようにこのトレード方法は長期的に相場を予想して階段式に買い注文を入れていく方法です。

 

細かく買い注文を入れるためある程度の資金が必要です。

1,000通貨だとしても最低でも10万円は資金があるといいでしょう。

FXで雲を使ったトレード方法まとめ

今回はFXの「雲」を使ったトレード方法について解説しました。

一目均衡表の「雲」を使ったトレードは資金があればかなり高確率で勝てるトレードです。

FXを長期トレードで始めたい人はぜひ試してみてください。

The following two tabs change content below.
きょうた

きょうた

上京して美容師になるも2年で挫折。

ナイトクラブで4年働き独立の勉強のためサラリーマン。

FX投資とブログで念願の独立へ。

ミニマルFXとはミニマリストとして生きて支出を減らし、 少ないFX利益でも投資で生きていく新しい生き方です。