FXのOCO注文方法とは?OCOを理解できるとレンジ相場を攻略できる

スポンサーリンク


外国為替証拠金取引の外為オンライン





FXOCO

きょうた
こんにちは!ミニマル投資家のきょうたです。

FXで注文した方と逆に相場が動いて泣きそうだ・・・

必ず注文した方向と逆に相場が動くので騙されているのではないか・・・

あなたはこれらの悩みで挫折しそうになっていませんか?

僕自身根拠のないトレードを行ったせいで損切りばかりして負けていた時期があります。

 

しかしFXには「買い」「売り」の注文を同時にできる「OCO注文」という注文方法が存在します。

今回は僕が予想がしにくいレンジ相場で使っている「OCO注文」についての記事を書きました。

FXでよく聞くOCO注文とは?

FXOCO

FXでよく聞く「OCO注文」なんだか名前からしてむずかしそうですよね。

「OCO注文」はかんたんに言うとあらかじめ「買い指値」「売り指値」の注文を同時にすることができます。

もしも「買い」注文が成立すれば「売り」注文は自動で消滅します。

反対に「売り」注文が成立すれば「買い」注文は自動で消滅します。

つまり「OCO注文」とは同時に二つの指値注文ができる注文方法なのです。

※実際には逆指値注文もできますが混乱するので当記事では指値のみの説明としています。

 

FXのOCO注文で注意すること

FXOCO

FXの「OCO注文」をする前に注意することがあります。

それは「損切りと利益確定」を自分で入れる必要があるということです。

「OCO注文」は指値注文までしかしてくれないのでそのままポジションを放置していると損が膨らむ可能性があります。

 

逆に含み益が出ていたとしても自分で利益確定をしなければいつまでのポジションはそのままです。

FXで「OCO注文」をする人は放置で儲けられる注文方法ではないので注意してください。

 

FXでOCO注文をする時に最適なチャートは?

FXOCO

FXで「OCO注文」をするメリット、デメリットは理解していただけたかと思います。

では「OCO注文」はどのチャートパターンの時に使うのがいいかというと「レンジ相場」です。

 

「トレンド相場」の時には一方向に相場が動くのでわざわざ「買い」「売り」を同時に入れる必要はありません。

しかしレンジ相場の時にはどちらに相場が動くのか予想するのが非常にむずかしい。

上の図の左側を見ていただくとわかるとおりレンジ相場だと上昇にも下降トレンドにもなる可能性があります。

 

そこで便利なのが「OCO注文」です。

上の図のように高値同士と安値同士を水平線で結び、抵抗線の少し手前で「売り」と「買い」の指値注文を入れてください。

同時に注文を入れているので「売り」の注文だけが発生して利益を得ることができました。

レンジ相場は予想しずらいのでヤマ勘でトレードはせずに必ず「OCO注文」を使用してください。

 

FXのOCO注文まとめ

今回はレンジ相場を攻略するのにとても便利な「OCO注文」についてまとめました。

相場は常に動いているのでいつもトレンド相場になるわけではありません。

 

特にドル円だとNYタイムではない昼間はレンジ相場が長く続く場合が多いです。

予想しずらいレンジ相場の時でも利益を得るためには「OCO注文」が最適です。

レンジ相場で悩んでいる人はぜひ試してみてください。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

当ブログでは初心者の方でもかんたんにFXが理解できるように記事を書いています。

ぜひ他の記事も合わせて読んでみてください。

The following two tabs change content below.
きょうた

きょうた

上京して美容師になるも2年で挫折。

ナイトクラブで4年働き独立の勉強のためサラリーマン。

FX投資とブログで念願の独立へ。

ミニマルFXとはミニマリストとして生きて支出を減らし、 少ないFX利益でも投資で生きていく新しい生き方です。