Minimalist×Happy×Investment

ミニマリスト×幸せな投資家

スポンサーリンク







おすすめ本

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!を読んで頭のゴミを捨てよう

更新日:

  • 頭の中がごちゃごちゃして仕事がうまくいかない
  • 嫌いな出来事や嫌いな人を忘れることができない
  • 頭の中がごちゃごちゃしている時に何か言われても覚えておけない

こんな風に頭の中にゴミがあるとうまく思考することができずに人生は失敗ばかりになります。

今回は苫米地 英人さんの「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!をご紹介します。

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!~感情的な人は思考レベルがサル・ゴリラレベル⁈~

 

脳の作りは複雑ですが近年の研究では様々なことが解明されてきています。

上司に怒られてその日一日のやる気が出ない人や、失恋したころをいつまで引きずる人はとても感情的な人です。

感情に支配されやすい人は感情をつかさどる古い脳(扁桃体)に支配されているということなので、本では

 

進化の度合いでいうとゴリラやサルに近い、ということになります。

 

と書いてあります。さらに

 

あなたが振り回される感情は、すべてが単なる生理反応です。

 

とも書いてあります。

どうして人間は感情に振り回されているとわかっていながらも同じことを繰り返してしまうのでしょうか?

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!~抽象度を高く持つことで自分を客観的に理解する~

 

感情的になりやすい人は視野が狭いということが原因です。

自分をものすごく狭い範囲でしか見れていません。

例えば飲食店で店員のミスに対してしつこくクレームを言う人っていますよね?

 

実際には店員がしたミスは取り消すことができないのでクレームを言っても意味はありません。

それなのに何度も何度も謝罪させる人は世の中に意外と多い、そういう人は物事を見る抽象度が低いんですね。

 

ゴールに近づく副産物として、「嬉しさ」「楽しさ」「幸せ」などのプラスの感情を感じ、それをさらなる前進のモチベーションとしているのです。

 

抽象度が低いと怒られただけで落ち込んでしまいます。

しかし成功している人はゴールを高い場所に決めているので怒られても

「これは自分が決めたゴールまでの途中経過だ、次につなげて頑張ろう!」とポジティブに考えて生きることができます。

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!~自己中心的な人ほど傷つきやすい~

 

あなたの周りに少しイジられたり怒られただけで落ち込んでしまう人がいるかもしれません。

実は傷つきやすい人は過去の体験が問題ではなく、自分にとって理不尽かどうかが問題だそうです。

本にはこのように書いてあります。

 

ショックな出来事に対して「自分にも責任がある」と感じる人にとって、その出来事の理不尽度は小さく、反対に、その出来事に対して「自分には責任がない」と感じる人にとっては、理不尽度は大きくなります。

 

これは納得できますね。

僕の周りにも傷つきやすい人や、愚痴ばかりいう人はすぐに人のせいにする人が多いです。

サラリーマンだとしても自分ごとと捉えると上司の理不尽な説教もいちいち落ち込まなくてもよくなるかもしれません。

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!~自分は全て他者から見た情報でできていることを理解する~

 

あなたが誰かに自分を名乗る時には必ず〇〇大学を卒業した〇〇です。

資格は○○を持っていて、趣味は〇〇でといろんな情報を相手に伝えますよね。

でもそれは自分という存在ではなく、自分と関係のある存在に関する情報ばかりです。

 

本ではこのように紹介されています。

 

自分を定義しようとしても、使える情報はすべて「他者」の情報。ということは、「自分」とは、「他者の情報」でできているということ。「自分」とは、「他者との関係にまつわる情報」が寄り集まったものなのです。

 

なんだかなぞなぞのようでピンとこない人もいると思いますが、これが自分です!

と決めることができる情報は全て他者が決めた情報です。

ここまで書いただけでは少し難しいのでさらに詳しく説明します。

 

自分が考えていると思っている情報は全て人が決めたもの

 

僕たちの脳は自分に都合がいい情報だけを脳に取り入れるようにできています。

例えば渋谷駅を出て芸能人に興味がある人は電光掲示板やポスターの広告に目がいきます。

反対にコーヒーに興味がある人へ遠くのスターバックスに目がいき、

 

芸能人の情報は見えていても脳は認識しないようにするでしょう。

本ではこのように紹介されています。

 

あなたが見ている世界は、あなたが重要だと思っているものだけが見えている世界であり、その世界はあなたの頭の中がそのまま反映されているのです。

 

これでさっきよりは具体的に意味がわかったかと思います。

成人でも判断している8~9割は他者が決めたことのマネごと

例えば将来なりたい職業ランキングを小学生に聞いた時にyoutuberになりたい!

と言う子供は生まれた瞬間にyoutuberになりたいと考えたわけではなく、

youtubeを見てyoutuberという職業を知ったからyoutuberになりたいと考えただけ。

 

僕も突然ブロガーになりたいと脳で考えたわけではなく、

元々あるブロガーという職業があることを知り、興味を持ったからなりたいと考えたわけです。

 

自分の価値観をしっかりと持って生きることが重要

 

僕たちはテレビや電車の広告などからいつも情報を得ています。

夏になるとセールで水着を買わないといけないと思わされたり、

クリスマスにはカップルで出かけないと充実していないように思うのもすべて外部の情報です。

 

本にはこのように書いてあります。

 

自分自身の価値観だと思い込んでいるものが、実は他者から刷り込まれた価値観であり、自分のモノサシで生きていると思いながら、本当は他人から与えられたモノさ日で生きている。それがあなたの真の姿なのです。

 

これはテレビを見ているとよくわかります。

学歴や年収が大事だと刷り込まれるのはテレビの高学歴芸能人や東大生にスポットを当てた番組や、

芸能人の豪邸訪問やお財布の中身を公開といった番組の刷り込みです。

 

そんな価値観がなければ学歴や年収で相手と優劣を付けること自体おかしい価値観です。

学歴ですべてが決まるなら高卒のプロ野球選手が下かといえば違いますよね。

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!を読んで感じたこと

 

ブロガーというと田舎でのんびり暮らしてノマドライフを満喫している人が多いです。

しかしそれも他者からの刷り込みで全員に田舎暮らしが合うとは限りません。

自分には自分にあった働き方があり、自分にあった生き方というのが必ずあるとこの本を読んで再認識することができました。

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!まとめ

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!は他人というモノサシに惑わされることなく、

自分らしく生きるためのスタートラインに立つことができる本です。

こんな人におすすめ

  • 好きなことをしたいけど周りの目が気になる
  • いつも頭がごちゃごちゃして自分が何をしたいのか自分でもよくわからない
  • 自分のしようとしていることが正しいのか不安だ

 

こんな風に悩んでいる人におすすめの本です。

よかったらぜひ購入してみてください。

スポンサーリンク







-おすすめ本

Copyright© ミニマリスト×幸せな投資家 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.