ミニマリスト×幸せな生き方・考え方

きょうたブログ

スポンサーリンク







働くということ

サラリーマンの僕が一番苦手とするマルチタスク管理ってやつについて語るぞ

投稿日:

こんにちは!きょうたです。

僕ね昔からマルチタスクってやつがマジで苦手なんです。

同時に二つのことが進行してるのを把握するだけで頭が混乱します。

 

今回はマルチタスク苦手人間の僕がタスク管理ができない、助けてってことをただ記事にしたよ。

 

マルチタスクの管理方法は知ってるさ

いや、わかるよ、管理の仕方はさ、僕も先輩にいろいろ聞いたし、勉強したさ。

最近は便利なタスク管理アプリだってある。

でもね、あれってまだ着手しなくていいタスクを頭の片隅に置いておいて、最優先事項タスクだけ進めて、他のタスクをやる時になったら着手すればいいっていうやり方だよね。

 

たしかにそれだとやらなくていいタスクが、あってないようなもんだから案件が30あってもその日にやる仕事は5でいいわけ。

でもさ、不安じゃね⁈

え、だって頭では30の案件が、たとえ頭で5になったとしても30は30じゃん⁈もう一回言うよ、30は30じゃん⁈

 

僕ね、頭の中に30の案件があることがもう不安なんですよね、全てが順調な案件ならいいけどさ、クレーム対応で遅れたりとか格案件いろいろあるわけでさ。

だから全ての案件がスケジュールどおりにいくわけじゃないよね⁈

ライチ
オマエ、サラリーマンむいてないよ

 

僕がマルチタスク対策にしている対象法

とまぁ苦手、苦手とはいえ仕事はこなさないといけないので僕が編み出した方法はスケジュールを年表形式にする方法。

僕は外出先でも見れるようにGoogleのアプリ、GoogleKeepを使っています。

やり方はかんたん、決まっているスケジュールの期限を日付と案件名、やる作業で時系列で書くだけ。

 

  • 案件名〇〇 08/01 電話
  • 案件名〇〇 08/11 確認のメール

みたいに書いていけばその日付になるまではノータッチで大丈夫。

もちろんそれまでに先方から連絡があれば予定が繰り上がるので、電話が終わった後にさらに後ろの日付にづらせばいいだけ。

これをするというまく有休を取ることができたり、時間管理がとても楽になるのでおすすめです。

 

ADHDはそもそもマルチタスクにむいていない

僕は心療内科に行ってADHDと診断を受けました。

ADHDの人は人に言われた情報を頭の中で組み直すことがとても苦手です。

まさにマルチタスクですよね。

 

別に俺、ADHDだからさ、マルチタスクとかわかんねぇし(卍)

とか言うつもりはもちろんない。

でもね、発達障害って脳の仕組みの問題だからさ、努力ではどうにもならない問題だったりするわけですよ。

 

僕は会社に障害のことを言っているのである程度はサポートをしてくれています。

でも障害がわかるまでサポートはもちろんなかったので謝罪、謝罪の毎日でした。

 

まとめ

え~とね、なにがいいたいかというと、マルチタスクができない人はできません。(おい)

僕は来年から独立しますが、今している仕事を頼るつもりはありません。

なぜなら僕が今している仕事はマルチタスクを必ず強いられるからです。

 

まぁこの世はサラリーマン以外でも仕事量を調節しないと必ずマルチタスクになってくるので自分で仕事量を調節できる仕事が一番ですね。

今日はここまで、バイバイ~

スポンサーリンク







-働くということ

Copyright© きょうたブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.