Minimalist×Happy×Investment

ミニマリスト×幸せな投資家

スポンサーリンク







プロフィール

10年ぶりに会った父が相変わらずクソだった話、人は簡単には変わらない

投稿日:

こんにちは!きょうたです。

先日父方の祖母の葬儀があり、

10年ぶりに離婚した父に会う機会がありました。

 

離婚した父のことは元々嫌いだったのですが、

10年ぶりということもあり、人として変わってるかな?

とか期待したのですが残念ながら相変わらずでした。

 

今回は人間はそんなに簡単に変わらないということ、

親がいいと思っていることが全て子供にとっていいことになるとは

限らないということを記事にしました。

 

プライドを捨てられない人間はいつまでたっても成長しない

 

10年ぶりにあった父から、今まで苦労かけてすまなかった

みたいな、謝罪の言葉があるのかな?

謝罪があったとしたら今までの恨みは全て水に流してもいいかな?

 

くらいに考えていました。

しかし実際には10年ぶりに会ったにも関わらず、

第一声はよぉ元気にしてたか?

 

僕の頭の中で「は?てめぇ10年ぶりに会っ息子にかける言葉がそれか!」

と思いましたがその言葉をぐっと抑えて普通に対応しました。

葬儀場に向かう車中でも父は、今こんな会社で仕事をしている、

 

こんな役職についている、海外を飛び回っている。

そんな肩書きばかりを並べた会話ばかりされて

あぁ~こいつは本当に何もわかっていないんだ・・・

 

と思って悲しくなるばかりでした。

父は昔からプライドが高く子供にダメな姿を見せたことがない人。

だから離婚する前から夜遅くまで仕事をして家にはほとんどいない人でした。

 

たしかに仕事をして育ててくれることは大切です。

しかし小さい子供にはお金よりも大切な愛情というものがあります。

僕は離婚する前から父との思い出が特にありません。

 

あるとすればたまに単身赴任先から帰ってきては、

頭を叩きながら勉強を嫌々教えられたことくらいです。

人間は嫌な記憶のほうが頭に残るんですね。

 

親が良かれと思っていることが子供にとっては嫌なことがある

 

会話をしている時に父から言われて驚いた言葉があります。

それはおまえは昔から本当に勉強が好きだったよなぁ~

という言葉。

 

聞いた瞬間に驚きすぎて言葉も出ませんでした。

子供に殴りながら勉強を教え、

一時期、一切笑わなくなったことを覚えてないのかと思いました。

 

もしかしたら父は自分が教えたことが悪いとは思っておらず、

むしろいいことをして子供を育てたとすら思っている可能性がある。

そう受け取ることしかできませんでした。

 

何のために働いているのか?

 

聞いた話によると父は相変わらず外資系で働くエリートサラリーマン。

朝4時半に起きて、二時間かけて通勤して7時には出社。

夜10時まで働いて2時間かけて帰宅。

 

それを15年続けていると疲れきった顔で自慢げに話していました。

僕は残念ながら一ミリも羨ましいとは思いませんでした。

父は58歳なので、会社に生涯を捧げるのが当たり前の世代なのかもしれません。

 

しかし僕にはその考えは全く理解できませんでした。

外資系のサラリーマンだろうが給料が高かろうが、

家に全く帰ってこない父を尊敬できないからです。

 

まとめ

 

今回の記事は書くこと自体迷いました。

きちんと家族がいる人が見たらなんて最低なやつなんだ!と思うでしょう。

僕がこの記事で伝えたいことは、

 

子供がいる人はとにかく一緒に過ごす時間を増やして

子供を大切にしていただきたいということです。

給料が高い仕事も大切かもしれません。

 

子供に高い教育を受けさせることも大切かもしれません。

しかし一番大切なのは一緒に過ごす時間です。

僕は今後父と会うことはおそらくないと思います。

 

父を恨んでも仕方ありませんが、これも人生だと僕は受け止めます。

スポンサーリンク







-プロフィール

Copyright© ミニマリスト×幸せな投資家 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.