Minimalist×Happy×Investment

ミニマリスト×幸せな投資家

スポンサーリンク







ミニマリスト

【体験談あり】楽天モバイルとワイモバイルを徹底比較

更新日:

格安スマホが当たり前になりつつある今。

どの格安スマホにするかは悩みどころです。

今回は今人気沸騰中の格安スマホ、

 

楽天モバイルとワイモバイル。

どちらの格安スマホがおすすめなのか徹底比較したいと思います。

 

楽天モバイルとワイモバイルの料金を比較

 

楽天モバイルとワイモバイルの料金を比較してみましょう。

まずは楽天モバイルからです。

 

楽天モバイルの料金

 

下記が楽天モバイルの2年契約時の料金です。

最低料金がプランSの2,980円で最高額はプランLLの6,980円です。

ただし楽天モバイルは楽天会員になり、

 

3年契約すると下記のように料金がお得になります。

 

楽天会員ではない人

 

プランS プランM プランL プランLL
2,980円 3,980円 5,980円 6,980円

 

楽天会員になり、3年契約した人

 

プランS プランM プランL プランLL
1,480円 2,480円 4,480円 5,480円

 

ワイモバイルの料金

 

ワイモバイルの料金を見てみましょう。

ワイモバイルも楽天モバイル同様、二年間の契約です。

 

プランS プランM プランL
1,980円 2,980円 4,980円

 

楽天モバイルとワイモバイルの料金比較の結果

 

楽天モバイルとワイモバイルの月額料金の比較は単純な料金だと楽天会員になれば、

1480円の楽天モバイルのほうが安いように感じます。

しかしここで注意しなければならないのが楽天モバイルの場合は3年契約をして、

 

安くなるのは初めの二年間だけということになります。

 

一年目の月額料金 二年目の月額料金 三年目の月額料金 月額金額の合計
楽天モバイル(楽天会員で3年契約プランSの場合) 1,480円 1,480円 2,980円 5,940円
ワイモバイルプランSの場合 1,980円 1,980円 1,980円 5,940円

 

なんと3年目の料金だと楽天モバイルもワイモバイルも月額料金は同じなんです。

ワイモバイルは2年契約で解約もできますが、楽天モバイルの場合は、

安くするために3年契約が必要です。

 

こうなると料金は同じでも勝敗は縛りが2年のワイモバイルでしょう。

 

楽天モバイルとワイモバイルの違約金比較

 

スマホを契約してからスマホ業者が自分に合わないなどの理由で、

解約をしたい場合がありと思います。

楽天モバイル、ワイモバイルも最低は二年間契約をしないといけない為、

 

途中で解約をしてしまうと違約金が発生してしまいます。

自分に合っているかは使ってみないとわからないので、

違約金を払うことも頭に入れておかなければいけません。

 

楽天モバイルの違約金

 

下記が楽天モバイル違約金の表です。

楽天モバイルは契約時に何年で契約解除をするか選ぶことができます。

というのもワイモバイルは2年契約の最後に

 

何もしなければ自動更新になってしまうのですが、

楽天モバイルは契約の自動更新がありません。

下記のように解約の期間によって違約金の値段が変わってきます。

 

mobile.rakuten.co.jpから引用

 

ワイモバイルの違約金

 

ワイモバイルの違約金は何年でも9,500円です。

さらにワイモバイルは二年たった時点で自分で解約を申し込まないと

また二年自動更新となります。

 

契約解除のタイミングで別のスマホ業者に変えようとしていた人が

更新月忘れていていつの間にかもう二年契約されていたなんてのはよくある話です。

 

楽天モバイルとワイモバイルの違約金比較の結果

 

楽天モバイルとワイモバイルでは違約金の金額では

ワイモバイルのほうが安いですが、解約の期間を自分で選択できて、

自動更新がない楽天モバイルのほうがおすすです。

 

楽天モバイルとワイモバイルの速度制限前と後を徹底比較

 

楽天モバイルとワイモバイルの通信速度を比較してみます。

ちなみに僕はワイモバイルを以前使っていて、

今は楽天モバイルを使っています。

 

この比較は僕が実際に使ってみた体感を元にしています。

 

楽天モバイル ワイモバイル
速度制限がかかる前 ドコモの電波を使っているので普通に使うには問題ないが、インスタグラムなど画像が多いアプリ、ホームページは遅い ソフトバンクの電波を使っているので画像など重いホームページでも問題なくサクサク使える。
速度制限がかかった後 公式サイトにあるように速度制限後も1Mbpの速度では使えるので、インスタグラムなどは表示までが遅いものの、Twitterや普通のホームページは問題なく見れる。 公式サイトにあるとおり、速度は128Kbpsと楽天モバイルよりも規格が低い、速度制限がかかるととにかく遅い。普通のホームページもまともにみることができない。

 

楽天モバイルとワイモバイルの速度制限前と後の結果

 

楽天モバイルモバイルとワイモバイルの通信速度については、

速度制限がかかっていない場合はワイモバイルのほうが快適に使えます。

速度制限がかかってしまった場合は楽天モバイルの方が快適に使えます。

 

楽天モバイルはプランをスーパー放題と唱っているだけあって、

速度制限後もある程度は快適に使うことができます。

反対にワイモバイルはあくまでも多く使いたいならプラン設定を上げる

 

ことを前提としているので、月額料金を下げて速度制限がかかっても

月が変わるまで追加課金をしない人は楽天モバイル。

速度制限がかかった後もお金を気にせず

 

追加課金をする人ならワイモバイルがおすすめです。

 

楽天モバイルとワイモバイルのサービス比較

 

楽天モバイルとワイモバイルのサービスを比較してみます。

せっかく長く契約するなら自分にとって、

お得なサービスがある格安スマホにしたいですよね。

 

楽天モバイルのサービス内容

 

楽天モバイルのサービスをご紹介します。

 

①楽天スーパーポイントが料金支払いに使える

 

楽天モバイルの一番の特徴はなんと言っても、

楽天スーパーポイントで毎月のスマホ代の支払いができることです。

毎日の買い物で楽天カードか楽天銀行デビットカードを使えば、

 

それだけで楽天スーパーポイントが貯まります。

貯まったポイントでスマホ代を支払うことができるので、

買い物をすればするほどスマホ代が安くなる計算です。

 

②楽天ポイントがいつでも2倍に

 

楽天モバイルに入ると楽天ポイントを通常の二倍で受け取ることができます。

楽天モバイルに入っている間は常に有効なサービスなので、

楽天カードをよく使う人は必ず利用したほうがお得なサービスです。

 

ワイモバイルのサービス内容

 

ワイモバイルのサービス内容をご紹介します。

 

マイルで速度制限の追加料金の支払いができる

 

ワイモバイルでは「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」「ヤフオク!」

を利用することで貯まったマイルを速度制限解除の料金支払いに使えます。

 

ymobile.jpから引用

 

楽天モバイルとワイモバイルのサービス比較の結果

 

正直言って楽天モバイルとワイモバイルでは

圧倒的に楽天モバイルのサービスが充実しています。

ワイモバイルもサービスはあるのですが、あくまで+@レベル。

 

楽天モバイルのように料金が安くなるなどのサービスはとくにありません。

サービスに関しては楽天モバイルのほうがお得といった結果です。

 

楽天モバイルとワイモバイル比較まとめ

 

楽天モバイルとワイモバイルの比較をまとめました。

最後に楽天モバイルとワイモバイル、

それぞれどんな人におすすめなのかをまとめておきます。

 

楽天モバイルがおすすめな人

  • 楽天カードや楽天銀行デビットカードを持っていて受け取れるポイントを1倍にしたい人
  • 貯まった楽天スーパーポイントを楽天モバイルの支払いに充てたい人
  • 電話が少し悪くても安いスマホがいい人
  • 速度制限がかかっても追加課金をしたくない人

ワイモバイルがおすすめな人

  • 格安スマホでも電波が強いスマホを使いたい
  • 格安スマホを長く使いたい人
  • Tポイント関連やヤフオクなどのサービスをよく使う人

 

スポンサーリンク







-ミニマリスト

Copyright© ミニマリスト×幸せな投資家 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.