ミニマリスト×Investment

ミニマリスト×幸せな投資家

スポンサーリンク







ミニマリスト

シェアハウスから引っ越して感じた幸せは目の前にあるということ

更新日:

こんにちは!きょうたです。

この度、二年間住んだ二段ベッドシェハウスから引っ越すことにしました。

というのも老朽化でシェアハウス自体がなくなるのと、来年から地元広島に戻るし、

 

いいタイミングだったので引っ越しすことにしました。

引っ越すと言っても年末までしか東京にいないので、友達の家に居候です。

今回はシェアハウスから改めて一人暮らしをしてみて感じたことを記事にしました。

 

二年間シェアハウスに住んで一番困ったこと

 

シャアハウスに二年間住んで困ったことを少しご紹介します。

共有スペースが汚いとか、声がでかい人がいるとか色々あると思うのですが、

それはシェアハウスに住んでいるので我慢するべきところです。

 

嫌なら自分が引っ越せばいいだけなので。

二年間シェアハウスに住んでいて唯一許せかったことがあります。

それが恋愛問題です。

 

シェアハウスでは見知らぬ男女が出会うので恋愛に発展することはよくあるし、

別に全然構わないと思います。

ただ、別のところでイチャイチャするならまだしも、

 

みんながいる前でイチャイチャされるのは困る。

挙句の果てには男子部屋にまで朝起こしにくるレベル。

恋は盲目とはいいますが、シェアハウス内で盲目になるのはテレビの見すぎかと。。。

 

シェアハウスに住んで良かったこと

 

シェアハウスに住んだことで僕の持ち物はスーツケース1つに全て収まるようになりました。

ミニマリストになったのもシェアハウスがきっかけといっても間違いない。

荷物が少なくなったおかげで引っ越しはスーツケース1つで完了。

 

シェアハウスに住むことがなければミニマリストにはならなかったので、

やはり人は環境を強引に変えると大きく成長できるのだと感じました。

 

シェアハウスから引っ越して感じた一人暮らしの贅沢さ

 

シェアハウスに住めば家賃に光熱費込みで、家具家電も備え付けの場合が多いので、

何より出費を抑えることができます。

だからシェアハウスで暮らしていくのは楽なんです。

 

一人暮らしを久しぶりに体験して改めて気づかされたのは、

一人暮らしは最高級の贅沢だということ。

誰にも邪魔されない空間があり、自分の好きなタイミングでお風呂に入ることもできる。

 

これ以上の幸せはないでしょう。

東京では一人暮らしが狭いだの、なんだのと嘆いている人が多いですが、

海外ではルームシェアは当たり前です。

 

日本では社会人になったら一人暮らしをするのが当たり前。

一人暮らしをすることに対して幸せを感じている人はそこまで多くはないはずです。

しかし僕のように一度シェアハウスに住んでから改めて一人暮らしを体験すると、

 

一人暮らしのありがたさや、贅沢さが身に染みてわかります。

日本はとても幸せな国だと気づくことができたのは大きな発見です。

 

引っ越しをしてミニマリストとしてのこれから

 

来年、10年住んだ東京を離れて独立して活動するために地元広島で暮らします。

広島だと一人暮らしをするにしても、1K6畳で家賃は2万円。

東京に比べると激安です。

 

反対に広島でオシャレなシェアハウスに住もうとすると、

家賃は7万円代と逆に高くなる場合もあります。

僕は一度お金を手にして大きな失敗をした人間なので、

 

もう以前のように誰にも見られないのに、オシャレな家具を揃えたり、

間接照明を付けたりすることはないでしょう。

僕がインテリアに関する仕事をしていて部屋を発信に使っているならまだしも、

 

そうじゃない場合はただの自己満足だからです。

これからは一人暮らしをするにしてもスーツケース1つに持ち物は収めて、

よりシンプルに生きられるようにモノを精査していこうと思っています。

 

さいごに

 

東京に10年住んでありとあらゆるオシャレ服やモノをかき集めて部屋にコレクションし、

給料が入る度に服屋やインテリアショップに通い、自分の城にコレクションを積み上げました。

しかし、仕事を転職し彼女と分かれたことが原因でホームレスになりかけ、

 

城はなくなり服やインテリアを全て失いました。

 

ミニマリストになり気がつけばシェアハウスに住んで気づけば二年。

ミニマリストになったことでモノ自体に価値はないし、

いいものを追い求める人間の物欲というものには終わりがないということを知ることができました。

 

これからは昔のように買えない商品をクレジットカードで無理して買ったり、

見栄をはって好きな女性を高いレストランに連れていくこともないでしょう。

ありのままの自分で生きて、無理なく好きなことで生きていくことにします。

 

少し話がズレましたが、最近Twitterやニュースを見ていると不幸せな人が多いように感じるんです。

人間にとっての幸せなんでしょうか?

ご飯を食べたくなったらコンビニやスーパーには食べ物が並んでいる。

 

さらに自分を発信したければSNSがある。

もうこれ以上の幸せってないと思うんです。

 

それなのに他人や芸能人の豪華(に見える)生活やファッションに憧れて、

それを真似して日々お金があれば消費活動に没頭している。

そしてお金のために毎日好きでもない仕事から抜け出すこともできない。

 

時間とはみんなに平等で24時間しかありません。

モノを買うとそのモノを買うのに使ったお金と同じだけ働いた時間が失うことに気づいてください。

モノを家に置けばあなたはモノを置くだけのために家賃を払っていることに気づいてください。

 

幸せはいつでも目の前にあるんだと、シェアハウスから一人暮らしをして改めて気がつくことができました。

スポンサーリンク







-ミニマリスト

Copyright© ミニマリスト×幸せな投資家 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.