ミニマリスト×Investment

ミニマリスト×幸せな投資家

スポンサーリンク







ミニマリスト

「CHARGESPOT」スマホ充電器のシェアリングエコノミーが便利すぎた

投稿日:

こんにちは!きょうたです。

普段はモバイルバッテリーを持ち歩いているのですが、

ふと家に忘れてしまうことってありますよね?

 

スマホの充電が切れた時のストレスと言ったらもう、

この世のものとは思えないくらいのイライラです。

そんな時に便利なのがスマホ充電器シェアリングエコノミーサービス。

 

今回は借りたモバイルバッテリーをどこに返却しても大丈夫な、

シェアリングエコノミーサービス「CHARGESPOT」をご紹介します。

 

CHARGESPOTとは?

 

CHARGESPOTとは簡単に説明すると、

自転車のシェアリングエコノミーサービスの「モバイルバッテリー版」です。

モバイルバッテリーを専用アプリから探して、

 

専用の機械からモバイルバッテリーをレンタルすることができます。

さらに返却も同じ場所ではなく、専用の機械がある場所ならどこでもOK。

コンビニのローソンもCHARGESPOTとの提携を発表しています。

 

CHARGESPOTの料金は?

 

 

実際にCHARGESPOTを利用してみました。

専用の機械が店舗内に置いてあり、

利用するにはあらかじめCHARGESPOTのアプリをダウンロードしておく必要があります。

 

アプリをダウンロード後にクレジットカードでデポジット料金の支払いをします。

なぜデポジットの支払いが必要かと言うと、

CHARGESPOTはレンタル期間が2日をすぎると、

 

自動でモバイルバッテリーを購入した扱いになります。

万が一モバイルバッテリーを返し忘れても延滞料金が高額になることもなく、

また、CHARGESPOT側も買い取ってもらっているので盗難にならないという、

 

お互いにWINWINな仕組みです。

通常のCHARGESPOTの通常の使用料金は以下。

 

CHARGESPOT料金

  • 1時間以内に返却 :100円(税込108円)
  • 1時間を越えて48時間以内に返却:200円(税込216円)
  • ※保証代金:1,980円(税込2,355円)(48時間以内に返却されなかった場合は返金ができなくなります)

 

CHARGESPOTを実際に借りてみた

 

 

CHARGESPOTは専用の機械にあるQRコードをスキャンすると、

機械の横からモバイルバッテリーが出てきます。

本体の大きさはスマホと変わらないくらいです。

 

 

本体には二本のケーブルがあり、Lightningケーブル、Micro USBは同じケーブル。

反対側にUSB Type-Cのケーブルがついています。

スマホだけあれば充電できるので、ケーブルを別途買う必要がないところがいいですね。

 

 

CHARGESPOTの返却方法は?

 

 

CHARGESPOTの返却方法はとても簡単です。

近くの専用の機械をアプリで探して、機械横の空いているスロットに、

借りたモバイルバッテリーを差し込むだけです。

 

 

アプリで返却の申請などをする必要はとくにありません。

 

CHARGESPOTまとめ

 

今回はモバイルバッテリーのシェアリングエコノミーサービス

CHARGESPOTをご紹介しました。

好きな時にスマホが充電できて好きな時に返却できる。

 

CHARGESPOTはまだ始まったばかりのサービスなので、都内を中心としたサービスですが、

既に香港には5000箇所を超えるスポットが展開されています。

今後さらに普及すればスマホだけ持ち歩いて、モバイルバッテリーは借りる時代になるかもしれません。

 

みなさんもスマホの充電がない時や、家にモバイルバッテリーを忘れてしまった時など、

良かったら使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク







-ミニマリスト

Copyright© ミニマリスト×幸せな投資家 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.