旅好きミニマリスト

きょうたブログ

スポンサーリンク







都市伝説

アヌンナキとワンピース空島編の類似点について

更新日:

こんにちは!きょうたです。

今回はワンピースの空島編とアヌンナキに関する都市伝説を考察していきます。

一度ワンピースネタを書くと楽しくなってきたので、

 

これからも自己満足の範囲で続けていきます(笑)

 

ワンピース空島編

 

空島といえば噓つきノーランドという童話に出てくる、

空に浮かぶ幻の島ですよね。

そこにルフィ達はノックアップストリームという超上昇海流に乗って、

 

空島に到達します。

空島には過去、地上にあった黄金都市も空島に来ていました。

そして空島の支配者エネルは黄金都市の金を集めて箱舟マクシムを作ります。

 

箱舟はエネルの電気の力で空に浮きエネルは最終的に月を目指します。

 

アヌンナキとは?

 

アヌンナキとは太古の昔地球上に降りたったとされる、

身長が2.5メートルもある宇宙人です。

諸説あるもののアヌンナキはニビルという星からきており、

 

二ビルから地球に来た理由はニビルが住みくい環境になり、

環境を改善するためには金が必要だったというのです。

金を採掘するのはどうも大変だということで、

 

サルの遺伝子とアヌンナキの技術を掛け合わせて造られたのが、

人間だと言われています。

アヌンナキとされる現在見つかっている壁画には鳥の顔に背中に羽が生えているのが特徴です。

 

空島とアヌンナキの類似性

 

ここでワンピースの空島編に話をもどします。

空島に元々住む人々は自分達の祖先がどこから来たのか知りませんでした。

人間なので誰かしらが空に住まないと子孫は繫栄しないはずです。

 

スカイピアを支配していたエネルは元々ビルカという名前の空島出身。

物語が進みエネルが月に到着した際に月の古代都市の名前がビルカと判明します。

まだ作中では明確に語られていませんが、

 

過去にビルカで住むことが困難になった月の民が、

地球を目指して飛び立ち降りたった土地が空島だったと推測できます。

つまり空島の先祖は月からきた可能性が高いのです。

 

さらにビルカの人々は過去に電気の力で動く兵隊ロボットを作っていました。

これらのことからアヌンナキの伝説と、

ワンピースの空島編の話は通じる点がいくつかあるように考察できます。

 

アヌンナキとワンピース空島編の類似点を以下にまとめました。

類似ポイント

  • 空島の民は元々月からきている=アヌンナキはニビルという星からきている
  • 空島の民は背中にに羽が生えている=アヌンナキは顔が鳥で背中に羽が生えている
  • 空島の民は月にいたころ電気で動く人型ロボットを作っていた=アヌンナキはサルの遺伝子操作をして人間を作ったとされる

 

最後に

 

アヌンナキに関する都市伝説には色々意見があり、

人間を作ったのは爬虫類型宇宙人、レプテリアンだという説もあります。

僕個人の意見ですがアヌンナキによって人は作られ、

 

そこに別の星からレプテリアンが現れて人間を奴隷にしようとしている。

というのがしっくりくる考え方です。

ワンピースの天竜人も人間を奴隷にしていますからね。

 

とまぁファンタジーの世界なので楽しんでいきましょう。

ありがとうございました。

スポンサーリンク







-都市伝説

Copyright© きょうたブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.