旅好きミニマリスト

きょうたブログ

スポンサーリンク







プロフィール

緊張をなくすには慣れるしかないという事実

投稿日:

こんにちは!きょうたです。

2019年についにフリーランスとして、youtuberとして独立するわけですが、

現在の会社でとてもよく聞かれることがあります。

 

それは「来年からどうするの?どうやって食べていくの?」という質問。

正直この手の質問をする人が僕は理解できない。

どうやって食べていくかなんて働くに決まってるし、

 

そもそも明日がどうなるかなんて僕自身わからないわけです。

今の会社から仕事をもらう予定も特にない。

それでも僕は独立するわけですが、不思議と不安や恐怖はありません。

 

しかし初めから僕は恐怖に強かったわけではなく、

あることがきっかけで恐怖心がなくなったんですね。

今回は恐怖を克服する方法をご紹介します。

 

緊張とは頭の中の妄想にすぎない

 

僕は中学生時代にテニスだけに熱中する完全なオタクだったのですが、

高校になってバンドをはじめました。

男子校だったのでバンドをはじめた理由は女子にモテたい!という不純な理由。

 

まぁここまではありがちな話ですよね。

僕らがやっていたバンド部の中に、

デスメタル好きのグループがあったのですがいつもヴォーカルが不在だったんですね。

 

やっぱりデスメタルのヴォーカルって誰もやりたがらないんです。

そこでヘルプでヴォーカルに招集されたわけですが、

人生で初めてライブで歌うのがデスメタルはさすがにめちゃくちゃ緊張しました。

 

それまでデスメタルとかカラオケで歌うタイプじゃなかったので、

もう勢いで乗り切ったんですよね。

ステージ上に立った時はめちゃくちゃ緊張したのですが、

 

ライブが終わると想像していた緊張が意外と大したことなかったんですよね。

つまり緊張とは頭の中の勝手な妄想でいざその場になると大したことなかったんですね。

ここから緊張とは勘違いなんだって自分に言い聞きかせることができるようになったと思います。

 

緊張は慣れることで克服できる

 

高校を卒業して上京してからもまだまだ緊張する癖は直ってなかったのですが、

ライブでの経験を元に学校のヘアショーに参加したりとその都度乗り切っていました。

何度か緊張することを経験すると緊張に慣れている自分に気が付いたんですよね。

 

初めから社交的な人以外は緊張は慣れで克服できると知ることができました。

そこからというものの、青山の美容室の面接で一発芸をしろと言われた時も

少し緊張はするものの普通に乗り越えることができるようになりました。

 

緊張する原因は人の目を気にする無駄なプライドのせい

 

なんで緊張するのかというと理由は単純で緊張する人はプライドが高いんですよね。

「他人から○○に見られているんじゃないか?」みたいに気にしすぎなんですよ。

はっきり言って誰もあなたのことなんて見てないし、

 

仮に見たとして一日中「○○って○○だったよね~」って言ってるわけないです。

例えば朝テレビで不倫のニュースを見て嫌な気分になったとして、

夜になったらだいたい忘れてますよね?

 

ましてや芸能人でもないあなたのことなんて超絶一瞬で忘れますよ。

 

仕事の緊張を無くす方法

 

ここまでは普通の緊張の解決方法について書きましたが、

次は一番重要な仕事に関する緊張について説明します。

いくら場数を踏んでも起業や独立するのって緊張しますよね?

 

ではなぜ緊張するのかというと自信を持てるスキルがないからですよね。

もっとわかりやすく言うと「食べて行けるかどうかわからないから不安」

ってことですよね?

 

でもこれには落とし穴があって、どこで自信を持つかは自分次第なんですよね。

例えばhtmlを読めるようになっただけで自信を持つ人がいれば、

きちんとコードを書いてホームページが作れるレベルにならないと自信を持てない人もいるわけです。

 

ということはどこで「もう大丈夫そうだ」と決めて独立するかは自分で決めていいわけです。

僕はだったら走りながら決めようと考えました。

おそらくほとんどの人が起業や独立が無理だと考えるのは、

 

「現状の満足できる裕福な生活を維持する」ことが頭にあるからだと思います。

例えば家はそこそこで休みの日には映画や買い物をしてと、

一般的な「普通」を手に入れようとするから無理なんですね。

 

そうではなく生活レベル最低限に抑えて少しの稼ぎでも生きてけるようにすれば、

アルバイトをしながら独立してもいいわけですよね。

一気に起業して成功しようとすると緊張して踏み出せないので、

 

仕事で緊張しない方法は本業と別で稼ぐ術を身につけて自信をつけることです。

 

最後に

 

今回は緊張について記事を書きました。

どうしても緊張してしまう人はやはり経験が足りないだけです。

徐々にでいいので場数を増やして緊張しない体質を作る必要があるわけです。

 

生まれた瞬間から緊張体質なのではなく、

生きていく過程で恥ずかしい経験をしたり、

表現したらいじめられたりしたことで緊張癖が付いている人が多いはずです。

 

そうは言ってもいちいち緊張していたら人生生きにくいので、

緊張しない人間になるように頑張りましょう。

僕自身陰キャラだったので大丈夫です。

スポンサーリンク







-プロフィール

Copyright© きょうたブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.