旅好きミニマリスト

きょうたブログ

スポンサーリンク







ミニマリスト

老害の基準とは?老害かどうかは自分ではなく相手が決めること

投稿日:

こんにちは!きょうたです。

突然ですがあなたは老害って何歳からだと思いますか?

もしかしたら「俺はまだまだ老害じゃない」

 

と思っているそのこと自体が老害の可能性があります。

僕自身28歳と会社の中間管理職からすれば若いですが、

新卒の人からしたらもうオッサンですよね。

 

僕も21歳で美容室で働き始めた時は28歳の先輩を見て、

オッサンだな~って思ってましたからね(笑)

 

老害の基準は自分では決められない

 

最近SNSで言われる老害ですがイメージでは、

50代以降の団塊世代のことと思われますが、

人によっては30代でも充分老害になる可能性があります。

 

では老害の基準ではなんでしょうか?

それは残念ながら「相手次第」になってしまいます。

自分はよかれと思っているアドバイスが相手が老害だと受け取れば老害です。

 

ある意味ではセクハラやパワハラと同じですよね。

自分は教育だと思っていたことが相手にパワハラと捉えられたり、

スキンシップのつもりが相手にとってセクハラになったりと、

 

老害も全ては相手次第なわけです。

 

老害対策としてはじめに断りをいれる

 

とはいえ老害を恐れていては年下に教育ができません。

ではどうするかというと、僕は初めに断りをいれます。

「今から話すことは教育のつもりで話すけど、君にとっては老害かもしれない」と。

 

これによって相手の捉え方が何か変わるわけでもないのですが、

「こいつ無意識に老害発言してることに気づけよオッサン」

と陰口を言われるよりかは幾分マシです。

 

老害をさけるのは不可能

 

たまに若い人の文化に合わせようと最新のファッション、

音楽、芸能人、流行り事を把握して若い人と対等に立とうとする人がいますが、

もはやその行為そのものが老害です。

 

若い人からしたら「頑張ってる感」が痛々しいだけです。

だからといってカラオケでいつまでも懐メロを歌うのは老害MAXなので、

「実は若い人の歌も知ってるよ」くらいで大丈夫です。

 

自分から若い人に「最近はこれが流行りなんだろ?」みたいに得意げにくると、

若い人からしたらただウザいだけなので気を付けましょう。

 

老害だからと開き直るのは論外

 

ここまで老害についてしょうがないことだと書きました。

しかし一番よくないのが「どう頑張っても俺が老害だからお前ら合わせろよ」

というスタンスです。

 

例えば時代は当たり前にスマホを使う時代であり、

何もかもが検索すれば調べることが出来るのにもかかわらず、

「俺は昭和だから」「俺はアナログでパソコン苦手だから」

 

と自分は生きた時代が古いから仕方ないというスタンスです。

この老害レベルが社長レベルならまだいいですが、

管理職レベルでこの老害レベルだと若い部下からすると本当に迷惑です。

 

若い人の頭の中には「ググレカス」と文字が浮かんでいます。

いつまでも部下にわからないことを聞いていると、

陰でバカにされている可能性が高いので気を付けてくださいね。

 

最後に

 

今回は老害について記事を書きました。

いつもまでも「俺は若い!」と考えていると、

裏で老害認定されている可能性があるので気を付けたほうがいいですよ。

 

さぁ今日も老害にならないか気を付けながら頑張りましょう。

スポンサーリンク







-ミニマリスト

Copyright© きょうたブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.