ミニマリストなYoutuber

きょうたの個人ブログ

スポンサーリンク







ミニマリスト

【復刻版!ゴロ寝デスク GORODK17】を買ったら死ぬほど動画編集が楽になった話

更新日:

こんにちは!きょうたです。

最近Youtuberデビューしてから今まで以上にパソコンを長時間使う機会が増えました。

長時間パソコンを使用していると必ず出てくるのが「肩や腰が痛い問題」ですよね。

 

僕自身家に高い棚があるのでその上にパソコンを置いて、

スタンディングデスクの代わりにしていたのですが、

長時間使っているとどうしても肩が痛くなってきます。

 

そこでふと「寝ながらパソコンを使えば」重力に逆らうこともなく、

肩も腰も痛くないのではないか?

という結論に至りまして(どんな結論だ)

 

冗談半分で寝ながらパソコンが出来るツールを探していたところ、

なんと本当にこの世に存在したんですよね(笑)

今回は僕が購入した復刻版!ゴロ寝デスクをGORODK17をご紹介します。

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17とは?

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17とは?

www.thanko.jpから引用

 

ゴロ寝デスクとはその名の通り、ごろんと床に寝ながら、

パソコンを使うことができる夢のようなガジェットです。

ちなみに足の角度を変えることができるので、

 

普通のミニデスクとして使うこともできます。

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17の特徴①かなりしっかりとした重厚感ある作り

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17の特徴①かなりしっかりとした重厚感ある作り

 

僕が使っているゴロ寝デスクはサンコーから発売されているもので、

価格が5,980円します。

Amazonなどを探せば同じような見た目で安い商品もありますが、

 

僕はずっと使えるなら壊れない商品がいいと判断して値段が高いサンコー製の商品にしました。

レビューにも書いてあるのですがかなりしっかりとした作りで、

重いか軽いかと言われたら重いです。

 

まぁ普通に考えてある程度重厚感ないとパソコン自体が重いので、

下手したらパソコンが顔面に降ってくる可能性がありますからね。

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17の特徴②寝ながらパソコンができる

 

ゴロ寝デスクなので名前のまんまなんですが、

寝ながらパソコンを使うことができます。

ただ欠点として寝ているので高速でタイピングをしたりするのには向いていません。

 

動画編集はテロップの文字入れ以外はクリックだけでできるので問題ないのですが、

動画編集となるとタイピングが必要なので厳しいでしょう。

後は映画なんかをパソコンで寝ながら見たい人にもおすすめです。

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17の特徴③ファンでパソコンを冷却できる

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17の特徴③ファンでパソコンを冷却できる

 

僕が復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17を選んだもう一つの理由が冷却ファンがついていること。

動画編集をしているとどうしてもパソコンが熱を持ってしまい動作が遅くなる原因になります。

せっかく編集したデータが消えたら一巻の終わりですからね。

 

冷却ファンパソコンのUSBに刺せば自動で回り始めます。

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17の特徴④折りたたんで収納できる

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17の特徴④折りたたんで収納できる

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17は折りたたんで収納することができます。

僕がスタンディングデスクを選ばなかったのは折りたためるものがなかったから。

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17は折りたためばかなりの薄さになるので、

 

使わない時は隙間に立てかけておけるし、引っ越しの時もキャリーバッグに入ります。

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17を実際に使ってみた

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17を実際に使ってみた

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17を実際に使ってみた写真です。

足の角度がかなり重要で何度か試して自分にあった角度を見つけることをおすすめします。

ただ寝てるだけに見えますが画面が目の前にあるので肩と腰に負担が全くありません。

 

見えないですが右手にトラックボールのマウスを置いているので、

マウスを動かす必要がありません。

 

外付けハードディスクも横に設置できます

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17

 

僕はパソコンの横に外付けハードディスクをつけることがあるのですが、

パソコンに外付けハードディスクからデータを移すことが多い人でも安心です。

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17のデメリット①パソコンを止めるストッパーがない

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17のデメリット①パソコンを止めるストッパーがない

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17の一番のデメリットは、

パソコンを止めるストッパーがないことです。

寝ながらパソコンをする角度は正直下手すると、

 

顔面にパソコンが落ちてきそうになります。

僕は落ちたことはないのですが万が一が怖い人は他社の製品がいいかもしれません。

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17のデメリット②足の角度の調整になれるのに時間がかかる

 

上に適切な足の角度を見つけるのに時間がかかると書きましたが、

ずっとデスクの状態にしておいておくならいいのですが、

僕のように毎回折りたたんで収納する人は、

 

次にデスクにする時に足の角度を覚えていないとけっこう手間です。

僕は足の角度を覚えるまでメモに書いていました。

何回か足の角度を設定しているとメモなんてみなくてもデスクにすることができます。

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17のデメリット③デスクの下に潜り込むのが大変

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17のデメリット③デスクの下に潜り込むのが大変

 

macのように軽いパソコンを持っている人は先に自分がデスクの下に寝てから、

パソコンをデスクの上におけばいいのですが、

僕は重い編集用パソコンを持っているので寝ながらデスクの上に設置するのは無謀です。

 

ではどうするかというと予めデスクの上にパソコンを設置して、

その後背中をずりながらデスクの下に潜りこみます。

逆ほふく前進状態ですね(笑)

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17のデメリット④マウスがないと大変

 

ゴロ寝デスクはホームページでは背中にクッションを置いて使用しているのですが、

僕個人としてはクッションを使用すると中途半端な姿勢で首が痛いです。

では完全に寝てしまうとどうなるかというと、

 

上にある写真のように完全に画面が顔の上にくるので、

マウスが手元にないとパソコンを使うことができないという点です。

僕はトラックボールのマウスを使用しているので、

 

 

マウス自体を動かす必要がないのでとても便利なのですが、

完全にゴロ寝で使いたい人はトラックボールのマウスは必須かと思います。

 

復刻版!ゴロ寝デスクGORODK17まとめ

 

今回はGORODK1復刻版!ゴロ寝デスク17を購入したのでレビュー記事を書きました。

パソコンのせいで肩や腰が痛い人。

部屋のスペース的にスタンディングデスクを置けない人。

 

夜寝ながらパソコンで映画やドラマを見たい人にはおすすめの商品です。

 

 

 

 

スポンサーリンク







-ミニマリスト

Copyright© きょうたの個人ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.