ミニマリストなYoutuber

きょうたの個人ブログ

スポンサーリンク







思うこと

なぜ勉強をしないといけないのか?墓参りに行って気がついた話

更新日:

こんにちは!きょうたです。

突然ですがあなたは勉強は好きですか?

僕は昔から勉強がとても嫌いで大人になった今でも、

 

自分が興味ある内容でなければ全く勉強する気になれません。

 

話は変わりますが、

僕の家の近くに先祖代々のお墓があるのですが、

ある暑い日に「先祖の人も暑いのかも?」と思い、

 

お盆など関係ないのに墓参りに行ってきました。

そこで「はっ!」っと勉強の大切さに気が付いたんですね。

今日は僕なりになぜ勉強が大切なのか?ということを書きます。

 

なぜ勉強をしないといけないのか?①~道徳的価値観が育たない~

 

以前Youtubeライブで2チャンネル創設者のひろゆきさんが言っていた発言で、

 

「日本では無宗教と言っている人が多いが道徳的な精神は宗教からきている」

「なぜなら墓石は名前が彫ってあるただの石だけど蹴ってはいけないという共通意識はある、

これは宗教的な思想と言える」

 

この発言を聞いた時に「たしかにそうだよなぁ」と感心してしまったのを覚えています。

少し話をそれたので元に戻すと、

僕が「先祖が暑いと感じているかも」というのは自発的に思ったわけではなくて

 

「お墓には先祖が眠っている」

という教育を小さい頃から無意識に受けているからです。

例えばアフリカに住んでいるいる石のお墓がない文化の子供たちが、

 

大人になって突然僕のように「今日は暑いから先祖も暑いだろう」と言って、

墓参りに行くことはまずないわけです。

ここで「道徳的価値観なんて別にいらないのでは?」

 

と思う人がいるかもしれませんが道徳的価値観は人間が共同で生きていくためには必須です。

例えば道を歩いていて反対から人が歩いてきているとします。

ここで道徳的価値観が欠如していると「相手がどうなろうと知ったこっちゃない」

 

となるのが普通なので相手と正面衝突してもいいからそのまま真っ直ぐ歩き続けます。

しかし僕たちは小さい頃から「相手が嫌だと感じることはしてはいけない」

「人に迷惑をかけてはいけない」と強く教育されているので、

 

「このまま歩いて僕がよけなければ相手とぶつかって相手に迷惑がかかる」と考えて、

相手と対面して歩いていた場合、左右どちらかに動くはずです。

 

なぜ勉強をしないといけないのか?②~支援が集まらないので生きるのが大変~

 

勉強しないとどうなるかは上の①に書いた通りなのですが、

では①に書いた道徳的価値観を勉強しなかったら死ぬのかというとそうではありません。

では勉強をしなかったら何が困るのか?

 

それは道徳的価値観がないことで「周りの誰からも支援されなくなる」ことです。

支援といってもお金以外にも様々あります。

例えば普段から相手を思いやって生きている人や、他人のために動いてくれる人がいたとして、

 

その人が困っていたら恩があるなしにかかわらず「なんとかしてあげよう」という気持ちが芽生えます。

しかし普段から「周りなんて知るか!俺は俺の好きなように生きるから周りに迷惑かけても関係ねぇ」

というスタンスの人がいたとして、

 

その人が困っていたら助けたい気持ちになるでしょうか?

絶対ではありませんが中々助けてあげようという気持ちになることはないでしょう。

人間が一人でできることなんて限られていますし、

 

一人よりは複数人で協力したほうが確実に目標を達成する時間は早くなります。

勉強をしないのも本人の自由ですが生きづらい世の中になるのは間違いないでしょう。

 

なぜ勉強をしないといけないのか?③~わからないことを調べることができない~

 

勉強しないといけない理由として

「わからないことがあった時に調べることができない」ということがあります。

とても分かりやすく言うと目の前にリンゴがあったとして、

 

※物体がリンゴであるということは誰かに聞いたとします。

 

リンゴに青森県産と表示が書いてあったとしても

「青森県」の場所を知らないと青森県を頭でイメージすることはできないし、

「産」の漢字の意味を知らないと青森県を知っていたとしても言葉を理解することができません。

 

最近ではスマホが普及しているので自分で調べると大抵のことは解決できるのですが、

もしも勉強をしていなかったら調べる行為すらできないので、

わからないことがあった時にいちいち人に意見を聞かないといけません。

 

もちろんそえれでも生きていけるのでいいのですが、

生きにくいか、生きにくいかでいうと確実に生きにくいでしょう。

 

なぜ勉強をしないといけないのか?④~生きる選択肢を広げることができない~

 

これは僕自身が痛感している部分なのでかなり大きいのですが、

「勉強しない=学歴が低い」ということになります。

僕は高校生の頃に死ぬほど勉強が嫌いで専門学生へ行って美容師になったのですが、

 

その後美容師をやめてしまい学歴もないのでクラブで働くことになり、

そこで投資家さんに出会ってIT系の仕事を紹介してもらうことができたので、

運よく今があるわけなのですが、

 

もしも僕に学歴があれば投資家さんの紹介を受けることなく、

自分でIT系の会社に入ることができていたので、

起業するタイミングをクラブで働いていた4年分早めることができたかもしれません。

 

もちろん学歴があっても面接に落ちれば意味がないのですし、

学歴がなくても入れるITベンチャーなども存在します。

しかし多くはないのが事実なので学歴はあって損はしないと思います。

 

なぜ勉強をしないといけないのか?⑤~職種によっては起業する時にとても有利~

 

これも僕が痛感したことなのですが、

僕のように元美容師、クラブ店員でしか働いたことがないと、

いざ「起業して成功したる!」と意気込んでも周りは美容師だらけで、

 

ビジネスの始め方を知らない人がほとんどで誰にも話を聞くことができません。

※美容室の経営なら別ですが

もちろん本を読めば書いてあることもあるのですが、

 

僕自身、本よりも社長や投資家さんに実際に聞いた話のほうが今では役に立っています。

話がそれましたが、もしも勉強をしていていい大学に行っていたとして、

何かしらのサークルにでも入っていれば、

 

友人を介して卒業して起業している先輩に話が聞くことができたりもします。

※慶應卒の僕の起業している友人が言っていた話でよくあるそうだ

ということは起業するための人脈が圧倒的に高学歴の人のほうが有利というわけです。

 

もちろん社長さんや成功している人の中には中卒の人もいるのですが、

その数は限りなく少いためわざわざ勉強が嫌いという理由で、

少ない中卒で起業するという枠を狙うというのはあまりにリスクが高いと言えます。

 

なぜ勉強をしないといけないのか?まとめ

 

今回はお墓参りに行ったというひょんなことから、

勉強の大切さに気がついたので記事にしました。

僕は自分で言うのも何なのですがけっこう運がよくて、

 

周りの人が助けてくれるので学歴がなくてもなんとかなっていて、

人生に後悔はないのですが自分に運があるかどうかは別なので、

もしも根拠のない自信がないのであれば勉強はしたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

きょうた/ミニマリスト/ブロガー/Youtuber

広島の4畳半の何もない部屋に住むミニマリスト。ブログ、Youtube活動をしています。ブログでは主にミニマルで便利なガジェット類や生活用品を紹介しています。

   

-思うこと

Copyright© きょうたの個人ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.