ミニマリストなYoutuber

きょうたの個人ブログ

スポンサーリンク







Youtube ミニマリスト

【ミニマリスト】手取り15万円で日本人が不幸な本当の理由

更新日:

こんにちは!きょうたです。

 

 

先日Twitter上で#手取り15万円や#手取り14万円がトレンドになっていたのをご存知でしょうか?

このトレンドに対しては手取り15万円は自己責任だとか、

 

手取り15万円は充分幸せだみたいな論がTwitter上で繰り広げられたわけなのですが、

僕自身の経験を簡単に話すと以前も動画でいいましたが、

社会人のスタートはオシャレに東京の青山でスタートだったものの、

 

手取りは交通費を含めて11万円で朝八時出社のo時定時のブラック企業、

青山という土地柄、カラー剤で汚れた服は二度と着てくるなということで、

服が汚れる度に自腹で古着を買っていましたし、

 

僕は寝れないくらい手荒れが酷かったので毎集皮膚科にも通っていました。

当然お金がないのでクレジットカードをリボ払いにしたものの限度額の50万円にすぐに到達してしまい、

毎月クレジットカードの二万円を使い、二万を返すという借金地獄の負の連鎖だったわけです。

 

今回の動画は僕も頑張ったんだからみんなも手取り15万円でも頑張ろうねってことではありません。

今回の動画で言いたいのは日本人は既に幸せですよってことです。

 

クラブ時代に培われた幸福の価値観

 

僕は先ほど話した美容師をやめた後僕は六本木のクラブで働いていたのですが、

クラブといってもDJがいてダンスするクラブです。

僕がいたクラブは六本木でもかなり有名で忙しいお店で、

 

毎週末になると千人以上の集客があるとても忙しいクラブでした。

そんなクラブで僕ら日本人はお客さんの相手をするのが精一杯なので、

皿洗いやゴミ掃除、さらにクラブではしょっちゅうパリピが嘔吐するのでその処理などを、

 

外国人のアルバイトの方々に手伝ってもらっていました。

もちろん時給は日本人の子達と同じ時給です。

僕は社員だったのでそんな外国人の方々のシフト決めやポジション決めをしていたのですが、

 

その時に感じたのは外国人の方々も勤勉さでした。

まず僕が今シフト決めをしていたと言いましたが僕の当時の年齢は23歳です。

ですが外国人の方々年齢はほとんどが30歳前後。

 

国に家族がいる人も少なくなありませんでした。

稼ぎが多いわけでもないのに彼らは家族に仕送りをしているわけです。

僕はそんな彼らに当時聞きました。

 

「なんでそんなに頑張るの?」そしたらインドネシア人で中のよかった外国人スタッフにこう言われました。

日本語が喋れるようになれば母国にあるホンダなどの日本の大企業に就職できると、

そうすれば家族をもっと幸せにしてあげることができると、

 

僕はその当時給料が上がってオーダーのスーツやシャツを着て、

ヴィトンのネクタイなんかして成金ぶってたので心が痛くなりました。

今の日本人の30歳の人で英語もろくに通じない海外に行って、

 

母国よりも稼ぎがいいからと家族が母国にいるのに、

皿洗いやゴミ掃除やゲロ処理を文句の一つも言わず23歳のガキに支持されて動ける人がいるでしょうか?

僕がこの動画でまず言いたいのは手取り14万がどうとか15万がどうとか、

 

Twitter上でグダグダ喋れてる時点で幸せだってことに気づいて欲しいってことなんですよ。

別に外国人の彼らが偉いとか日本人が甘いから我慢して働けとかそういう話ではなくて、

単純に既に日本人は綺麗な街があって、犯罪は少なくて、

 

最悪お金がないならユニクロもあるし、100均もあるし、安い牛丼屋もあるわけで、

本当に働けなくてお金がないなら生活保護という法律もあるわけですよ。

なんで日本人が幸せに感じれないかわかりますか?

 

既に幸せなんですよ。

それなのにインスタとかTwitter上の映えてる人達を見て、

「あ~俺は不幸だなぁ」とか思って他人のことばっかり気にしてるからいつまでたっても幸せになれないんですよ。

 

なんかみんなが憧れてる幸せって人に支持命令されず好きなことだけで仕事して、

でも休みはほしくてヒカルさんみたいにブランド物とか高級車乗るのが幸せって感じてるわけでしょ?

みんながYouTuberになったらDJ社長も言ってたけど国なんて二秒で崩壊するわ。

 

それぞれに与えられた役割があってやるべきことがあるから社会が回ってるわけで、

そもそもこんなに腐るほど仕事がある日本でランダムにブラック企業に選ばれたならまだしも、

自分で給料と待遇と休みとか見て就活して履歴書出したのは誰でもない自分なわけですよ。

 

そんなに満員電車や労働が嫌なら田舎に引っ越してパートでもして暮らせばいいでしょう。

僕は10年東京に住んでいて東京にいた時より今は狭い家にすんでるし、

手取りも少ないですけど全然今のほうが幸せですよ。

 

旅をして気が付いた海外からみた日本の価値観

 

今年の初めにもう解散したのですが僕は旅系YouTuberのカメラマンをしていまして、

犯罪率が東京の200%と呼ばれる南米にあるベネズエラって国に行ってきました。

僕がそこで見たのはコーラ一本買うのに大量の札束が必要な通貨価値が大暴落した国です。

 

大統領の独裁が酷くてもうどうしようもない国で何人もの人が隣りのブラジルに逃げていたわけです。

僕らがブラジルのバス停でバスを待っていたら目の前にポツンと10代の女の子が座ってチョコを差し出してきて、

初めはなんでチョコ?と思ったのですが、

 

話を聞くとチョコをブラジルの通貨のレアルで買ってくれという意味みたいでした。

なぜかというと自国から逃げてきているのでレアルがないとろくに買い物もできないわけです。

自国のベネズエラドルは紙切れ同然の価値しかないのでブラジルで出しても誰も欲しがらないわけです。

 

だから僕らにチョコと引き換えにレアルをくれと言ってきたわけです。

僕は日本人という恵まれた状況で旅をしている自分がなんだか後ろめたくなって、

チョコはもらわずにレアルだけ女の子に渡しました。

 

ベネズエラに入国した後もすごくてほとんどの人が家の前に果物、チーズ、干し肉を並べて売っていたりして生活しているわけなんですが、

なんか日本人みたいにいらっしゃいませって声かけもないし、

ビラを配るわけでもないしなんなら椅子に座って寝てる人とかもいて、

 

南国だから最悪売ってる食べ物を食べれば死ぬこともないとは思うのですが、

そんな人達でもみんな笑顔で優しいんですよ。

もちろん贅沢な暮らしをしたいという希望はあるのかもしれませんが、

 

大統領が独裁を行っていたら頑張ってもしょうがないってなるわけですよね。

僕ら日本人はどうですか?

あいつは金持ちだの、こいつは休みが多くていいだの、

 

あの人の旦那はうちの旦那と違って優しいし金持ちらしいとか人のことばっかり気にして生きてわけですよ。

YouTuber始めようかなとかブログで独立しようかなとかフリーランスがいいかなとか、

もう僕からしたらそれだけの働く選択肢があるだけで充分幸せなんですよ。

 

学校だって義務教育で中学まで行けて高校に行くのか、大学に行くのか、専門に行くのか、

就職するのか、起業するのか選ぶことができるわけじゃないですか。

ベネズエラの子供なんて学校まで行く手段がないけど学校には行きたいから、

 

こんなに小さい子供が一人でヒッチハイクとかして学校まで毎日行くわけですよ。

日本人でそんなこと考えられます?ないと思うんですよ。

小さい頃からアンパンマンだのなんとかレンジャーだのプリキュアから始まって、

 

テレビゲームとかスマホゲームとか色んなモノがある世の中でそりゃこれ以上幸福なんて無理だわ。

なんならフリマアプリが流行るってことはそれだけみんな要らないものを持ってるってことなんですよ。

 

最後に

 

長くなったのですが僕が今回の動画で言いたいのは、

手取りが14万でも15万でも賃金上昇率が他国より低くても消費税が上がっても、

日本人は既に幸せなことに気がついてほしいんですよ。

 

もっとお金が欲しいなら勉強して働いて稼げばいいだろうし、

別に今のままで幸せならある程度休んである程度働けばそれでいいんですよ。

資本主義である以上格差があるのは仕方がないことで、

 

日本人は洗脳教育のせいで平等ではなく公平じゃないといけないと思いすぎなんですよ。

かけっこの手つなぎゴールのようにみんなが全く同じになんてなるわけがないんですよ。

 

さっきも言いましたがみんなが社長でみんながタワマンに住んで、

みんながウブロ付けて、みんながフェラーリ乗るなんて無理なわけですよ。

江戸時代も殿様がいて農民がいてって階級があるのは当たり前で。

 

周りの金持ちの子供みたらわかるでしょ、だいたい親金持ちでしょ。

 

でも今はお前は農民だから農民と人生が決まっているわけではなくて、

日本人だったらスマホ一つでも仕事はできるわけでこんな恵まれた国ないわけですよ。

それでも日本が嫌なら日本のパスワードはどこでも行けるだから、

 

物価が安くて危険で不便な国なんて腐るほどあるんだから、

さっさと日本でグダグダ言ってないで海外に移住すればいいだけの話なんですよ。

YouTubeチャンネルもやってます

ミニマリスト系のYouTuberをやっています。
チャンネル登録、高評価していただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きょうた

きょうた/ミニマリスト/ブロガー/Youtuber

広島の4畳半の何もない部屋に住むミニマリスト。ブログ、Youtube活動をしています。ブログでは主にミニマルで便利なガジェット類や生活用品を紹介しています。

-Youtube, ミニマリスト

Copyright© きょうたの個人ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.