疑問に思うこと

【洗脳からの解放】なぜ勉強しないといけないのか?

こんにちはきょうたです。

今回はなぜ勉強しないといけないのか?

ということについてお話していこうと思います。

 

皆さんは小さい頃疑問に思ったことはないでしょうか?

「なぜ勉強しないといけないのか?」と

親や先生に小さい頃聞いた時ことがある人もいると思います。

 

「なぜ勉強をしないといけないのか?と」

その時にハッキリと納得する答えが返ってきた体験をした人は少ないはずです。

なぜでしょうか?

 

それは親や先生が暗記の勉強と将来必要となるお金を稼ぐ勉強を一緒に考えているからです。

今回の動画は一言では説明できないので2つにわけて説明します。

 

①役に立たない勉強をする意味はあるのか?

 

まだ人生経験が少ない子供でもわかっていることがあります。

それは「この勉強が将来なんの役に立つのか」ということです。

子供の頃には勉強が必要だと教えられて必死になって勉強しても、

 

大人になると子供の頃の勉強が役に立たなかったという経験がある人も多いはずです。

それもそのはずです、子供の頃から親や先生にしつこいくらいに言われてする勉強はただの暗記であり、

ポケモンの種類を必死になって覚えているのとあまり変わらないからです。

 

歴史上の人物の生まれた時期や将軍の名前を全員暗記していてもあなたの給料が上がらないのはこのためです。

では何のために意味のない勉強をするのかというと大学に行くために勉強が必要だからです。

大学とは何か自分の目的にあった分野の研究をする場所であり、

 

ただ「とりあえず大学に行っておけばいい」とか「サークルで青春を謳歌する」という場所ではありません。

大学に行ってまで勉強をしたいことがあるのなら、それは個人の自由なので、

将来役に立つとか役に立たないとか関係なく必死になって勉強して大学に行けばいいと思います。

 

では大学に行く気がない人は勉強をしなくてもいいのかというと、

勉強する必要はありません。と言う言い方は正しくありません。

正しくは大学に行くためにしか通用しない暗記の勉強はいらないというのが正しい言い方です。

 

なので大学に行かなくても自分で会社を建てるからある程度の数学と、

ググれるくらいの国語力があればいいやという人は

それでも構いません。

 

少し話がそれますが一つ疑問に思うことはありませんか?

だったらなぜ自分が勉強したい分野のことだけ勉強させてもらえないのか?

それは利権の問題があるからです。

 

人間はエゴの塊なので自分達が美味しい密を吸える場所を知ると必死にそれらを守ろうとします。

美味しい密とは金のなる木のことです。

 

それらの勉強が本来であれば必要ではないものでさえ自分のエゴが故に人間は必死になって守ります。

ここでは敢えてどの教科が人生において必要ないかは言いませんが、

 

学生ならいざ知らず、ある程度の社会人経験がある大人ならどの教科が必要ないかぐらいは理解しているはずです。

さらに言うと現在ではインターネットやスマホの発達で各自のスピードに合わせて授業をすることも可能ですし、

各自が好きな教科だけ勉強させることは簡単なことです。

 

それなにも関わらず相変わらずタブレット一つで済むところを重い教科書を重い革のランドセルに入れて通学させる。

なぜなんでしょう?

理由は先ほど述べた利権の問題です。

 

教科書の中身を考え構成する団体、紙で出版する団体、ランドセルの団体、あげたらきりがありませんが、

学校というビジネスで芋ずる式に繋がっている団体が個性を発揮されると困るからです。

外国の学校を見るとわかりますが制服を着なくても学力が下がることはありません。

 

数学だけ天才的な10代で飛び級ができる生徒がいても困ることは全くなく、

むしろ世界からしてみれば有能な人材であり、

有能な人材に百人一首などを覚えさせる意味は全くもってありません。

 

②勉強をしないとどうなるのか?

 

役に立たない勉強をする必要はあるのか?ということを解説しましたが、

では勉強が嫌いなら勉強はしなくてもいいのでしょうか?

答えはNOです。

 

なぜなら勉強をしないとお金が稼げないからです。

 

そもそも勉強というのは一生し続けなければいけないものです。

なぜかというと時代というのは日々進化していて勉強することがお金を稼ぐ唯一の方法だからです。

スマホを未だに使えないと威張っている老害が多数いますが、

 

インターネットが誕生してから時代というのは物凄い速さで進化しています、

今では小学生の授業にプログラミングがある時代です。

それなのに俺はガラケーだから電話に出ろとか、FAXしかわからないからFAXで送れだのと、

 

時代について行くことを放棄した分際でなにを偉そうに言っているのかと思います。

逆に笑いものにして欲しいなら別ですけどね。

つまり時代の変化を無視して売れないモノにしがみついても意味はないと言うことです。

 

僕が今から言う勉強とはお金を稼ぐために必要な勉強ということであり、

歴史上の人物の名前を暗記する勉強ではありません。

大人になって最も大切なことはお金を稼ぐことです。

 

残念ながらそれ以上も以下もありません。

闇金ウシジマくんの漫画の中にとてもいいセリフがあります。

それは「金が全てじゃないが何をするにも金が必要だ」というセリフです。

 

どこかの国の僧侶のように施しだけを頼りに生きている人ならまだしも、

日本に限って言えばほとんどの人がお金ありきで仕事をしています。

 

だからお金を稼ぐことはとても大事なことなんです。

今僕はお金を稼ぐことは大事といいましたが「嫌々長時間こころを病んでまで働くことが大事」とは言ってません。

もっと言うと働かなくてもお金が稼げているならそれでもいいわけです。

 

前置きが長くなって申し訳ありません。

では勉強しないとどうなるかというと、ルールを作る側の人間に一生搾取されるということです。

大学までは必死になって親の言う通りに歴史上の人物を必死に覚えたのに、

 

大学に入ることがゴールだと勘違いしているが故に、

それ以降大人になっても本の一冊すら読まない人が日本には大勢います。

ルールを知らないと言うのはサッカーでいうオフサイドを知らないのと同じであり、

 

バスケでいうトラベリングを知らないのと同じで、

なぜ自分が審判に注意されているのかもわからないから悩み苦しむわけです。

これら全ての謎を解明してくれるのが大人になってから必要な勉強です。

 

例えば持ち家問題にしても周りが家を買っているからとか、

そろそろ家を買う年齢になってきたかなと思うとか、

家族の人数が増えそうだからとか、

 

全く根拠のない感情ベースで行動するが故に常にルールを作る側に搾取されます。

あなたの親が莫大な資産家でお金が余ってしょうがないなら別ですけど。

 

お金の勉強とは何か

 

ではお金の勉強とは具体的にはどんなことでしょうか?

 

お金の勉強をするということはビジネスの勉強をすることと同義です。

例えばあなたが上場企業に勤めているとして株式会社の仕組みを答えられるでしょうか?

株式会社の仕組みは知っていたとして合同会社との違いは説明できるでしょうか?

 

株券というのはどうやって発行されて誰がどのようにして買うことができるのか?

あなたは説明できるでしょうか?

では逆に聞きますが説明もできないのになぜあなたは上場企業に勤めているのでしょうか?

 

上場企業は安定していそうだから?ですか?

では上場企業は倒産することが皆無な会社なのでしょうか?

過去の経歴を見ると上場企業だから生涯倒産しないなんてことがないことは明白です。

 

六本木等で飲んでいるとが「彼氏はやっぱり上場企業じゃないと無理だよね~」という頭の悪い女性が多数いますが、

そもそも上場企業というのは株主という名の投資家に利益を還元するために存在するのであって、

上場企業自体は素晴らしいものですが上場企業の社員がすごいのとはまた別問題です。

 

僕自身上場企業で働いていた経験があるのでわかりますが、

上場企業のというのは優秀な駒の集まりです。

ニュースでよく目にする光景ですが社長ですら不祥事があれば即刻変えられますし、

 

社員ですら別の会社に買収されたり合併された場合は容赦なく異動させられたり、

仕事内容をガラッと変えさせられます。

会社の買収時期には決まってニュースで不当な扱いだと社員が叫んでますが、

 

何度も言うように上場企業というのは綺麗事なしに言うと株主のためにあるのであり、

社員のために存在するファミリー企業ではないんです。

ということを、もしもあなたが事前に勉強していたなら、

 

自分が上場企業の社員で例え納得できない待遇を受けたとしても、

 

すんなりと希望退職の波を利用して次の会社に転職すればいいだけです。

日本に住んでいる以上情報にアクセスする権利は誰でも平等に与えられています。

アクセスする方法はネットでも本でも構いません。

 

本当にお金がないなら図書館で本を借りてもいいと思います。

 

僕個人としては本がおすすめなのですが時間がない人は最近流行りの漫画でわかる系の本でもいいかもしれません。

ちなみに僕は美容専門学校卒で大学で経済学を学んだわけでもないですし、

儲かるかどうかもわからないビジネススクールに通ったこともありません。

 

それでも勉強をしてお金を稼ぐことは出来ます。

成功している社長の中に中卒や高卒の人がある一定層いるのは、

学校で習う暗記の勉強と大人になって必要なお金を稼ぐための勉強は全く別だからです。

 

しかし今や多くの親はサラリーマンであることが当たり前になっているため、

会社の仕組みや社会の仕組みを勉強している人はほとんどいません。

大人になってこそお金を稼ぐための勉強が必要なのに、

 

勉強と聞くと子供の頃に親に強制させられた役に立たないものと同じと勘違いして、

大人になってから勉強をしない人が大多数を占めるのがこの日本です。

だから子供に将来今している勉強がなんの役に立つのかと聞かれても

 

大学に行くためだけに必要な暗記の勉強と、大人になってから必要なお金をを稼ぐ勉強は別だと、

説明できる人がいない。

だから子供に対しては「いいから勉強しなさい」の一転ばりでしか説明ができない。

 

子供も親が理解していないことは表情などから安易に読み取ることができます。

だから大人になって誰からも制約を受けない状態になると皆勉強をやめるのです。

だから大人になってもお金を稼ぐことができない。

 

それはサッカーのルールを知らずにフィールドに立ち、

相手チームのオフサイドトラップに延々とはまっているのと同じなんです。

日本においては無知は罪です。

 

自分の意見が会社で通らない、なんで俺ばかりこんなことをさせられるんだ。

当たり前です。会社とはルールを作る側の人間が全権限を持っています。

やりたいことがあるなら勉強をすることです。

 

何度もいいますが日本には勉強する方法が死ぬほど用意されています。

少しめんどくさいからといって20代中盤までで培われた、

自分の根拠がない価値観や感情論だけで悩み苦しむのは時間の無駄です。

YouTubeチャンネルもやってます

ミニマリスト系のYouTuberをやっています。
チャンネル登録、高評価していただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きょうた

きょうた/ミニマリスト/ブロガー/Youtuber

東京に10年住んだ後、地元広島に戻ってYoutubeをメインに発信活動をしています。 Youtubeの動画では僕が抱えているADHD(注意欠陥多動性障害)という発達障害や、 僕自身が感じる生き方論などを個人的な主観で発信しています。

-疑問に思うこと

Copyright© きょうたの個人ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.