疑問に思うこと

貧乏人の子は貧乏人のままで金持ちの子は金持ちになる理由

こんにちは!きょうたです。

世の中はとても不平等であることはみなさん周知の事実だと思います。

しかしこれまで日本はそこまで不平等を感じることなく生きることができました。

 

それはなぜかというと政治に多少の文句はあれど社会保障制度がしっかりとしていたからです。

水道の水は飲めるくらい綺麗で下水もしっかりしているので、発展途上国のように道路から異臭がすることもない。

最悪お金がないなら生活保護という手段もある。

 

なんだかんだ日本って平等なんじゃないかとみなんな思っていたはずです。

今までは。

今回のコロナウイルスで平等だと思われていた仮面が剝がされたといっても過言ではありません。

 

現在Twitterを開けば未知のウイルスに対する政府の対応の遅さに苛立ちを隠せていない大勢の国民がいます。

なぜか?

 

それは今回のロックダウンとまではいかずともあらゆる自粛期間中に見えてしまったものがあるからです。

 

それは貧富の格差です。

 

日本はGDP世界三位の大国であることはみなさんもご存知だと思いますが、

 

GDPが高いということはそれなりに国の物価も高いということです。

いくら年収三百万円が他国の平均所得に比べて高いからと言って、

事実ほとんどの人は日本で暮らすしか方法はなく。

 

現在の日本で年収三百万円では共働きは必須で子供を持ち、マイホームを買い、車を持つと自分で自由に使うお金はほぼないに等しい状況であり、

貯金や投資にお金を回すなんて夢のまた夢の世界です。

 

賃金が下がり続けている今、GDPを他国と比べたところで日本に暮らして幸せを感じることはできなくなっています。

 

現在もウイルスの影響で厳しい状況が続く世界ですが一時的に下落したもののアメリカや日本の株価は最高値を更新。

あれほど、価値がない、二度と高値を更新しないと言われていたビットコインも最高値を更新しました。

 

これらのニュースを目にしたら気づくことがあります。

それは金持ちはコロナで大変な世の中でも金持ちになり。

貧乏人はより貧乏になるということです。

 

さて、今回の本題に入りたいと思います。

なぜ貧乏人には貧乏人になる確率が高く、金持ちは金持ちになる確率が高いのか。

よく言われる通説では金持ちは子供によりよい教育を与えることができ、

 

金持ちの子供はいい大学に行き、いい企業に就職できるので高い賃金を得ることができるからというのが通説です。

たしかにこれらも金持ちの子が金持ちになる理由の一つではあります。

しかし金持ちと貧乏人を分ける教育以上に大きな問題があります。

 

それは資産の問題です。

どういうことかというと。

労働者がどれだけ毎日汗水たらして働いたとしても、

 

富裕層が持っている株や不動産から得られえる不労所得は計算上どうやっても労働者の給与所得を超えるという問題です。

これには複利と税金の問題が関係しています。

複利とは簡単に言うと元本に利子がついたものにたいしてさらに利子がつくことを言います。

 

例えば100万円の株を購入して月利5%で運用したとします。

もし仮に株が予想通り月利5%で運用できたとしたら105万円です。(値下がりする場合ももちろんあります)

次の月に105万円に対してまた月利5%の株を購入すると金額は110万2,500円となります。

 

さらに株から得た利益にかけられる税金は簡単に言うと約20%です。

 

では普通に汗水たらして労働するとどうなるのかというと、

あなたの給料は何年かに一回昇給することはあっても毎月一定額の給料は変わらず、

 

株や不動産のように複利で毎月給料を増やしていくことはできません。

さらにサラリーマンの場合は所得に対して様々な税金を考えると50%の税金がかけられることになります。

これが金持ちが金持ちになり貧乏人がさらに貧乏になる仕組みです。

 

さらに悲しい結果として労働者が汗水たらして働いた一生涯の賃金よりも

富裕層の親が子供に資産を相続した金額のほうが額が大きいという結果もでています。

金持ちの親がダメ息子だとわかっていても事業を引き継がせる人が多いのは、

 

金持ちとしてはどこの誰かもわからない他人にお金を譲るよりも

相続税だけ払って息子に資産を引き継がせたほうが税金対策として一番安くつくからです。

ここまでの話を聞くと自分の親は貧乏だから自分は一生貧乏なのかと言うと実は違います。

 

普通に労働をして平均的な賃金を稼ぐ力がある人でも将来に渡って資産を気づき、

お金の心配をすることなく日本で生きていける唯一の方法があります。

それは積み立てNISAを使いインデックス型投資信託に毎月投資するということです。

 

NISAとは簡単に説明すると先ほど言った株から得た利益にかかる税金20%が非課税になる仕組みです。

つまりNISA口座を使い購入した株の儲けは丸々あなたのものというわけです。

もちろんNISA口座は非課税なので金額に制限があります。

 

積み立てNISAを例にすると毎月三万三千円の購入までは非課税になり、それ以上は通常の株と同じく課税されます。

なのでお金が余っていて課税されてもいいという人はNISAからはみ出した部分の金額は通常の証券口座から購入してください。

なぜ積み立て型のインデックスファンドをを勧めるかと言うと、

 

ウォール街にいる優秀な証券マンに委託料を払い運用してもらうアクティブファンドよりも、

毎月一定額を素人が購入するインデックスファンドの方が平均して運用成績がいいからです。

なぜかというと株価というのはチャートを見ると一定の法則の元動いているように見えますが、

 

実はコインの表と裏がでる確率のように毎回株価がどうなるかは二分の一の確率だからです。

かの有名な個人投資家ウォーレン・バフェットもほとんどの個人投資家は、

証券マンに高額な報酬を払うよりもインデックスファンドを毎月購入するほうがよいと勧めています。

 

ではなぜプロの機関投資家に運用を任せるのが良くないかと言うと。

どれだけ利益が出た年があっても利益が出ていない年があったとしても彼らの報酬を払う必要があるからです。

さらに彼らに報酬を払った上で通常の株式には手数料や利益にかかる税金が必要です。

 

株価に対する勝率だけで言うと優秀な証券マンのほうが勝つ可能性もあるでしょう。

しかし証券マンに払う報酬や細かく売買を繰り返す度に取られる手数料や税金を考えると、

どうしても素人が毎月購入するインデックスファンドのほうが利益が高くなっているしまうという事実があります。

 

ちなみにインデックスファンドというのはS&P500や日経平均株価に連動している投資信託のことで、

誰か優秀な証券マンに株の運用成績を任せない株の運用方法です。

こんな記事を書くと本当に素人のインデックスファンドの運用成績がいいのか?

 

と疑い調べてみる人もいると思います。

しかしGoogleで「インデックスファンド 運用成績」と調べて見てください。

おかしいくらいにSEO対策をされた証券会社関連、もしくは証券会社と関係のあるアナリストのブログが出てきます。

 

ちなみにSEO対策とは検索したときに自分の記事が上位表示されれるようにする対策のことです。

ブログの内容はインデックスファンドが勝つと言われているがアクティブファンドの成績のほうがよかったという内容がほとんど。

なぜこんなことを書くかと言うとそうしないと彼らの商売が成り立たなくなるからです。

 

彼らは顧客から高額の報酬や手数料を取るのが仕事であり顧客が株で儲かるかどうかはどうでもいいわけです。

ネットではなく証券会社に関係していない投資信託の本を読むと、

どれだけプロの証券マンにお金を払って運用してもらうのがコストとして無駄なのかわかります。

 

つまり富裕層になるまではいかなくとも非課税のインデックスファンドに毎月投資するだけで、

これからの不景気でも充分な資産を作ることができると言うことです。

さらに複利というのは時間をかければかけるほど雪だるま式に金額が増えていきます。

 

お金が稼げるようになってからはじめようではなく、

お金がない時期から始めることに意味があります。

ちなみに投資信託は5000円から始められるところもあれば1000円から始められるところもあります。

 

お金がないといいながら無駄にお菓子を買ったり酒を飲んだりするくらいなら今すぐ投資にお金を回すべきです。

それでも将来不健康になるお菓子や酒に投資したいというならそれはあなたの自由なので、

将来金がないのは国のせいだと嘆くのはやめるべきでしょう。

 

今回はなぜ貧乏人の子は貧乏になり金持ちの子は金持ちになるのかを解説しました。

つまり資産をもたないとどれだけ高学歴でもお金持ちにはなれないということです。

また次の記事でお会いしましょう。

YouTubeチャンネルもやってます

ミニマリスト系のYouTuberをやっています。
チャンネル登録、高評価していただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きょうた

きょうた/ミニマリスト/ブロガー/Youtuber

東京に10年住んだ後、地元広島に戻ってYoutubeをメインに発信活動をしています。 Youtubeの動画では僕が抱えているADHD(注意欠陥多動性障害)という発達障害や、 僕自身が感じる生き方論などを個人的な主観で発信しています。

-疑問に思うこと

Copyright© きょうたの個人ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.