最近の投稿

スポンサーリンク




ガジェット ミニマリスト 疑問に思うこと

iPadが絶対にパソコンの代わりにならない理由

こんにちは!きょうたです。

僕は常に「持ち物を少なくして生きていきたい」と考えていまして、

最近では「iPadがノートパソコンを超えた!」なんていう人もいたりしますし、

 

YouTube上の動画で「iPad パソコンの代わり」と調べると

かなりの方が「私iPadだけで仕事してます(ドヤ)」

みたいな意識高い動画を見ることができます。

 

僕は古いノートパソコンが壊れてからと言うものの、

家では常に格安で買ったWindowsゲーミングデスクトップで、

動画編集やブログ作成など様々なことを行ってきました。

 

しかしここ最近個人事業主になったこともあり、

何かと外出先でもパソコンが使いたい場面がありました。

収入も安定してきたしノートパソコンを購入しようと考えてきた矢先。

 

appleが2020年に新作iPadAirの第四世代を発表しました。

しかも先立ってレビューしているガジェットブロガー、

Youtuberの方々の評価を見ると、

 

やたらパソコンと同じくらい性能が高いとか、

動画編集もIpad一台でいけるなど高評価。

ということで高いお金を出して、

 

家のパソコンがiPad一台になるのならと言う思いを込めて、

iPad第四世代を満を持して購入したわけです。

 

記事を読むのがめんどくさい人達へ向けて先に結論を書いておきますが、

iPadはWindowsパソコンの代わりになりません。

これはiPadの機能がショボイからではなくタブレットのOSの問題だと思います。

 

ではなぜiPadはパソコンの代わりにならないのか説明していきます。

 


 

iPadがパソコン代わりにならない理由①GoogleとAppleの相性が悪い

iPadがパソコン代わりにならない理由

すでにmacユーザーの方々ならmacでありとあらゆることをしてると思いますので、

apple製品とGoogleの使い勝手の違和感は特に感じていないかもしれません。

しかしmacヘビーユーザーの方ですらiPadで、

Googleを使うのは使いにくいという人が多いです。

 

さらに僕が使っているスマホはandroidでありGoogleが好きな人間です。

そんなGoogle大好き人間からすると、

iPadでGoogle系アプリを使おうとすると何とも使いにくい。

 

何がどう使いにくいかというのは感覚や慣れの問題もあると思うのですが、

今までWindowsのパソコンしか使っていなかった僕からすると、

iPadはパソコンの代わりにはならないというのが結論です。

 

※iPadが悪いと言っているのではなくあくまで代わりにならないということです。

 

やはりappleが作っているiPadにはsfariという検索ツールがあるので、

Googleが作った他社製の検査ツールを使いやすいようにする義理はないということなのでしょう。

逆に言えばiPadではsafariが非常に使いやすかったのは言うまでもありません。

 

だからGoogle大好き人間の僕も、

iPadで何かを検索する時にはsafariを使っていました(笑)

 

iPadがパソコン代わりにならない理由②タブを複数開けないので作業が遅い

 

Windowsパソコンを使っている僕は常に複数タブを開いて作業をします。

例えば一つ目のタブではYoutubeを開き音楽を聞いたりします。

二つ目のタブでは画像、動画素材の検索を開きます。

 

そして三つ目のタブでブログを書くなんてことを毎日行うわけです。

そしてタブを切り替える時も、

Windowsの場合は「Altキー+Tabキー」で一瞬で切り替えることができます。

 

僕は早い方ではありませんがブラインドタッチを使える人間です。

ブラインドタッチができる人からすると、

たしかにiPadでも複数タブを開くことは可能なのですが、

 

iPadという画面上の作りからWindowsパソコンのように、

上のバーに複数タブを表示することはできません。

僕はiPadをパソコンにするためにBluetoothキーボードも購入しました。


 

iPadでショートができないこともないのですが、

体感としてあまり早い切り替えとは言えませんでした。

さらにiPadはあくまでアプリで操作するため、

 

上に書いたようにYoutubeで音楽を流しながらブログを書くような作業はできません。

どういうことかというとスマホでYoutubeを開いて閉じてしまうと音は止まりますよね?

それと同じことがiPadでも起きてしまいます。

 

つまりパソコンのようにYoutubeを流しながらの作業はできないと言うわけです。

他の作業に関してもそうでWindowsパソコンだと、

常に全部のサイトがブラウザ上で開いているので切り替えたら即作業ができるのですが、

iPadだと全てがアプリなのでショートカットで切り替えたとしてもコンマ数秒の遅れがあります。

 

パソコンで仕事をしない人にとっては何も気にならないレベルだと思いますが、

ブラインドタッチができるレベルの人にとっては、

コンマ数秒の遅さがすごくストレスになります。

 

iPadがパソコンの代わりにならない理由③「動画編集」はいいが書き出し、アップロードが遅い

 

僕はYoutuberなのでかなりの頻度で動画編集をします。

パソコンではPowerDirectorという有料のツールを使っています。

 

iPadでも同じアプリ版PowerDirectorで動画編集をやってみたのですが、

謙遜もなく非常に編集作業はやりやすかったです。

何というか指で画面をタッチするほうが、

感覚的でマウスに手を持っていく必要がないとう点で優れていると感じました。

 

しかし僕が動画編集をする上でとてもめんどくさいと感じる点を発見。

それが上にも書いたことですがブラウザの切り替え問題です。

 

例えばパソコンであれば動画編集ソフトがローカル(見えないところ)で動作しているため、

別のタブで無料の画像素材をダウンロードしている間に動画編集をすることができます。

しかしiPadではOSの問題だと思うのですが、

 

無料画像素材をダウンロードしているタブを閉じてしまうとダウンロードが止まってしまいます。

ということはどんな画像、動画素材であろうと、

iPadの場合はダウンロードが終わるまで待っていないといけないのです。

 

この「いちいちダウンロードを待つ」という時間が非常に無駄で、

動画編集にパソコンで作業していた時よりも時間がかかります。

 

さらに動画の書き出しはパソコンとほぼ変わらないのですが、

ブラウザでYoutubeStudioを開いて動画をアップロードすると、

一時間たっても二時間たっても動画がアップロードされません。

 

家のWindowsデスクトップもWIFIに接続しているので、

光回線のデスクトップが早くてiPadのWIFIが遅いからと言う理由ではなく、

単純にそれがiPadの限界なんだと思います。

 

iPadがパソコンの代わりにならない理由④画面の汚れが気になる

 

これは人生で始めてiPadを買った自分の経験不足なのですが、

iPadは指で触って操作する性質上「画面が汚れます。」

僕はBluetoothのキーボードとマウスを使って、

 

パソコンのようにipadを使おうと考えていました。

しかしiPadで作業しているとマウスの感度が悪かったりして、

どうしても画面で指を触るほうが早い場面がでてきます。

 

するとある程度作業を終わらせて画面を見ると画面が指紋だらけになります。

パソコンなら画面に触れることは皆無なので画面が指紋で汚れることはまずないです。

しかしiPadはあくまでも指で触ることを前提としたタブレット。

 

指紋の汚れも勲章だと思って毎作業ごとに付き合っていくしかないようです。

今からiPadを購入してパソコンの代わりにしようとしている人が、

僕のように潔癖症なら全くお勧めできません。

 

iPadがパソコン代わりにならない理由⑤手に持って映画やYoutubeを見るのが意外と重い

 

僕が購入してたiPadAir第四世代は10.86インチなので、

そこまで大きくないと思っていましたし、

実際に寝ながら手にiPadAirを持って動画を見ていました、

 

しかし実際に使ってみると軽い、軽いと評判のiPad第四世代でも、

長時間映画を見るには重かったです。

僕は結局iPadAirについているカバーをスタンドにして、

パソコンのようにして動画を見ていました。

 

そしたら頭の中では

いやパソコンでいいじゃん!(笑)

ってなるわけです。

 

iPadはパソコンのかわりにはならないけどお勧めな人

 

ここまでiPadがパソコンの代わりにならない理由を長きにわたって書いてきました。

(apple信者の方からしたらクソ記事だと思いますが)

ではiPadは全くいらないのかというとそうではありません。

 

僕が記事で書いたようにあくまでiPadはパソコンのかわりにはならないというだけで、

とても高性能なタブレットであることは間違いありません。

ではどんな人におすすめできるのかと言うと、

 

「動画やネットサーフィンを綺麗な画面で見たい人です。」

 

タブレットは安価なものまで種類は様々ありますが画面の綺麗さ、

滑らかさなどは他のタブレットで勝てるモノは中々ありません。

画面の綺麗さなんて関係ない、

 

とにかくYoutubeや映画が見れればいいと言う人には

iPadは高すぎるのでお勧めできません。

 

「kindleで本を読むことができるじゃないか!」

参考Kindle Paperwhiteは読書好きなら絶対に買うべきデバイスである

  こんにちは!きょうたです。 コロナの影響で家にいる時間が増えたことで、 読書でも初めてみようかなと思った方も多いのではないでしょうか?   本を読むという行為はすごく有意義なも ...

続きを見る

という意見もあると思います。

実際に僕はkindleで本を読む派の人間なので、

iPadで本を読むのは画面もでかいしとても快適でした。

 

しかし、それならばkindleのタブレットを買えばいいじゃないかというだけの話です。


iPadはタブレットとして作られているので画面がとても明るく、

バックライトが画面の後ろから目に向かって発射されているため夜に読むと目が覚めてしまいます。

しかしkindleならバックライトは画面横のから平行に光が発射されているため、

目が疲れることはありません。

 

ということでkindleを読むためだけにiPadを買うのは高すぎるという結論になります。

iPadの使い方をYoutubeで検索するとイラストレーターの方の動画が多数でてきます。

イラストというのはどれだけ技術が発達しても、

手で細かい作業をするのがいいということなのでしょう。

 

上に書きましたがiPadは本当に人間の手が道具になっているような感覚で直感で動かすことが可能。

僕はイラストを描かないのでApplepencilを購入しませんでしたが、

仕事でイラストを描く人にとってはiPadは最高のツールになるのではないでしょうか。

(購入していないしイラストを描かないので何とも言えないです)

 

最後に

 

今回はiPadがパソコの代わりにならない理由という記事を書きました。

実際にiPadAirを駆使して仕事をしている人も世の中は大勢いるので、

iPadがこれだけ売れているのも事実です。

 

なのでiPadが全く使えないと言っているわけではありません。

しかし家にあるパソコン全てを手放して、

iPad一台だけでパソコンの代わりになるかというと、

 

残念ながらならないのが現実です。

 

ノートパソコンでブラインドタッチを駆使して仕事をするレベルの人なら、

iPadの細かいところに手が届かない理由がわかるはず。

でもそれを購入してから知ったのではお金がもったいないし、

 

できれば高い買い物をして後悔しくない。

この記事が今からWindowsパソコンを手放して、

iPadをパソコンの代わりにしようとしている人の助けになれば幸いです。


YouTubeチャンネルもやってます

ミニマリスト系のYouTuberをやっています。
チャンネル登録、高評価していただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きょうた/ミニマリスト/ブロガー/Youtuber

東京に10年住んだ後、地元広島に戻ってYoutubeをメインに発信活動をしています。 Youtubeの動画では僕が抱えているADHD(注意欠陥多動性障害)という発達障害や、 僕自身が感じる生き方論などを個人的な主観で発信しています。

-ガジェット, ミニマリスト, 疑問に思うこと

Copyright© きょうたのシンプルガジェットライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.