最近の投稿

スポンサーリンク




ミニマリストなガジェット

【メンズ向け】ユニクロの小さいトートバッグが最高すぎた!【ミニマリスト】

こんにちは!きょうたです。

僕がミニマリストとして生きるようになってから6年が経過した。

今ではRolandさんをはじめとして有名人やお金持ちでもミニマリストは多く、

もはやミニマリストと名乗っても珍しくない時代になってきた。

 

ミニマリストといえば「持ち物の少なさ」が上げられるだろう。

人によっては「手ぶらでスマホ一つだけ派」や「ポケットに入るだけ派」など、

持ち物に合わせてミニマリストのスタイルも千差万別だ。

 

僕自身はクラウドファンディングで購入したNIIDのスリングバッグを、

一年ほど使用していてかなり気に入っており、

「もうこれで自分のミニマリストとしてのスタイルは完成だな」と考えていた。

 

 

しかし、スリングバッグを長く使っていてデメリットに気が付いた。

それが「バッグが体に近すぎる問題」である。

※「スリングバッグ」は現代風の呼び方で少し前は「ボディバッグ」と呼ばれていた。

 

バッグが体に近いことで逆に荷物が取り出しにくく、

自分でいちいちベルトを伸ばしたりするのがとても面倒に感じたのだ。

さらにスリングバッグのメリットでもある、

体にバッグが常に密着していることがかえって夏は暑すぎるというデメリットになる。

そこでトートバッグに注目したのだが世間のメンズ用トートバッグはデカい。

とにかくデカいのだ。

 

ミニマリストじゃない人なら十分かもしれないが、

荷物が少ない僕からしたら中で荷物がぐちゃぐちゃになるのが目に見えている。

そこで小さいトートバッグを探したのだが意外と見つからない。

あるとしてもどう見ても女性が使うような可愛らしいデザインのトートバッグしかないのだ。

 

前置きが長くなったがそんな時に見つけたのがユニクロのトートバッグである。

ホームページを見る限り女性が使う用に作られているようだが、

黒色なら男性でも全く問題なく使うことができる。

今回は僕が購入したユニクロの「レザータッチスクエアショルダーバッグ」

を紹介したい。

 

ユニクロのレザータッチスクエアショルダーバッグとは

レザータッチスクエアショルダーバッグとはユニクロから発売されている、

ショルダーバッグで実際にはトートバッグとして売られてはいない。

しかし肩紐を取り外して使えば小さいトートバッグの完成だ。

 

【ユニクロ】レザータッチスクエアショルダーバッグの特徴①ミニマルなデザイン

【ユニクロ】レザータッチスクエアショルダーバッグの特徴①ミニマルなデザイン

個人的に丸みを帯びたデザインはあまり好きではない。

ミニマリストだとRolandさんが極限まで、

四角いデザインにこだわっているのが印象的だ。

 

僕も個人的には丸よりは四角いデザインが好きなのだが、

意外と小さいトートバッグで四角いデザインのものがない。

よくあるのが逆台形のエルメスのようなデザインのものだが、

個人的にあまり好きな形ではない(好きだとしても買えないが)

 

レザータッチスクエアショルダーバッグは合皮でできているため、

キッチリと無駄のない四角いデザインが実現している。

 

【ユニクロ】レザータッチスクエアショルダーバッグの特徴②中身がなくても自立するデザイン

トートバッグを使ったことがある人は分かると思うが、

本革のトートバッグや大きなトートバッグは中身を入れていないと、

へたれて倒れてしまうことが多々ある。

 

はじめは倒れない強度でも本革だと経年劣化で革が柔らかくなり、

中身を入れないと自立しないものまである。

しかしレザータッチスクエアショルダーバッグなら合皮なので、

経年劣化は楽しめないものの鞄の中身が空でも自立することができる。

 

【ユニクロ】レザータッチスクエアショルダーバッグの中に入るもの

では実際に僕が持っている持ち物をレザータッチスクエアショルダーバッグの中に入れてみた。

ちなみに僕がいつも持ち歩く持ち物は以下の通り

  • 印鑑
  • 家の鍵+ジムの鍵
  • 巻き取り式タイプCケーブル
  • kindle端末
  • 3インチスマホ
  • 財布
  • カードケース
  • モバイルバッテリー
  • エコバッグ

これだけのモノが入れば文句はない。

というかこれ以上必要なものがないのだから仕方ない(笑)

 

【ユニクロ】レザータッチスクエアショルダーバッグの特徴③真ん中に仕切りがある

個人的に財布とスマホは同じスペースに入れて、

残りの使わないモノたちはとなりのスペースに入れている。

レザータッチスクエアショルダーバッグは真ん中に仕切りがあるので、

トートバッグにありがちな中で荷物がぐちゃぐちゃになるのを防いでくれる。

 

さらに仕切りに薄いポケットが片側に一つだけついており、

これがkindle端末をいれるのにちょうどいいのだ。

 

ミニマリストが好むスクエアートートバッグ【黒色】

 

上記したようにこの四角いデザインがカッコイイ。

付属の肩紐を付けなければメンズが持っていても全然様になる。

本革なら重くなるところが合皮なので非常に軽い。

 

合皮なので雨にぬれてもサッと一拭きすれば大丈夫だ。

 

【ユニクロ】レザータッチスクエアショルダーバッグのデメリット①

レザータッチスクエアショルダーバッグのデメリットがあるとすると、

真ん中に仕切りのせいでトートバッグのメリットである、

何でも好きにモノをポイポイ入れることができなくなっていること。

 

特に昨今のような猛暑だと水筒やボトルを持ち歩く必要があるが、

真ん中に仕切りのせいで水筒やボトルは入らない。

 

【ユニクロ】レザータッチスクエアショルダーバッグのデメリット②雨に弱い

上記したように記事自体は合皮なので雨に強いのだが、

如何せん鞄上部にジッパーがないので雨が降ってきたら上から終わりだ。

最近はジッパーが付いているトートバッグも多いが、

ジッパーがあると荷物の出し入れがめんどくさいというデメリットもあるので、

こればかりはケースバイケースな気がする。

 

加えてジッパーがないということは盗難に遭うリスクもあるので、

日本ならまだしも海外に持っていくのはあまり得策ではない。

 

ミニマリストで黒いスクエアートートバッグを探しているならこれ一択

僕は凝り性なところがあり、拘る部分にはとことんこだわる。

「黒 トートバッグ 小さい」で検索した時にあまりの商品のなさに驚いた。

(あるにはあるが形や色や値段でいいものがなかった)

そんな時たまたまふらっとユニクロの店舗に立ち寄った時に見つけたのが、

レザータッチスクエアショルダーバッグだ。

 

レザータッチスクエアショルダーバッグを買うのにおすすめな人は以下の通り

黒くて小さいスクエアートートバッグがおすすめな人

  • ミニマリストで荷物が少ない人
  • 四角い(トートバッグ)で小さいものを探している人
  • 自立できるトートバッグを探している人
  • 黒くて小さいトートバッグを探している人
  • 合皮でも大丈夫な人
  • 値段が安いトートバッグを探している人

 

以上、今回は僕がユニクロで購入したレザータッチスクエアショルダーバッグを紹介した。

 

ユニクロのオンラインストアで確認する

店舗にない場合はオンラインストアがお得です。

ユニクロのオンラインストアを見る

YouTubeチャンネルもやってます

ミニマリスト系のYouTuberをやっています。
チャンネル登録、高評価していただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク







-ミニマリストなガジェット

Copyright© キョウタの資産運用日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.