最近の投稿

スポンサーリンク




ガジェット

マネークリップ付き財布を買わない方がいい理由

きょうた/Kyouta
こんにちは!きょうたです。@Kyouta_Gotsubo

「最近キャッシュレスで財布を使う機会が少ないな。」

「よし!思い切ってマネークリップを買ってみよう。」

こんな人が最近増えているように感じます。


 

しかしシンプルなマネークリップを使ったことがある人は分かると思うのですが、

マネークリップというのはお札が剝き出しになっています。

 

ドル札のように柔らかい紙幣ならポケットに入れても大丈夫なのですが、

実は日本札というのはクオリティがとても高いため、

ポケットに入れて折り目がついてしまうと元に戻らないことが多いです。

 

そこで僕は財布にマネークリップが付いている財布をはないだろうかと考えました。

Amazonや楽天で「マネークリップ付き 財布」と検索するとたくさんの財布がでてきます。

見た目も革でできていてかっこいい、クレジットカードも入るし、

 

お札を挟むマネークリップ機能も付いている、最高じゃないか。

僕は初めにそう思っていました。

しかし結果を先に言ってしまうとマネークリップ付き財布は買うべきではありませんでした。

 

今回はマネークリップ付き財布を購入してから、

二年以上僕が使ってみた個人的な感想を書きたいと思います。

これからマネークリップ付き財布を買おうか迷っている人は必見です。

 

マネークリップ付き財布を買わない方がいい理由①実際に使うと全然薄くない


 

「マネークリップ付き財布」 と検索すると上のリンクにあるような、

マネークリップ付き財布が何個も一覧に表示されます。

そしてこの手のマネークリップ付き財布によくある謳い文句が

 

「薄さわずか○○ミリ!」といううたい文句です。

 

もちろんある意味ではこの7ミリという説明は間違っていません。

しかしこの7ミリにはカラクリがあります。

それは「手で財布を挟んでいる時だけ」「お札を入れていない時だけ」

という条件付きということです。

 

一応このマネークリップ付き財布の画像にも※印で「未使用時」と記載されています。

しかし一度もマネークリップ付き財布を使ったことがない人からしたら、

※の「未使用時」という意味があまりわからないのではないでしょうか?

 

手で押さえていないと常に開きっぱなし

これは僕が実際に二年以上使用したマネークリップ付き財布です。

この写真は床に縦向きで置いているのですが、

上の写真と違い常時開いてしまっているため全然○○ミリではありません。

(上の7ミリの財布と僕の財布は別の商品です)

 

しかも写真には4千円しかお札が入っていないのにこの状態です。

この財布にもしもたくさんのお札が入っていたらどうでしょうか?

そうなんです、もっと財布が開いて全然薄くならないんです。

 

ここで一つ疑問に思った人がいると思います。

「別にポケットに入れるんだからよくない?」と。

たしかに財布をポケットに入れている時はいいです。

 

ポケットの中ではお尻とポケットの布に挟まれてある程度は薄くなります。

しかしいざ支払いの時に財布をポケットから取り出すとどうなるのか?

手の上で財布が上の写真のように広がってしまいます。

 

さらに言うと財布をポケットではなく、鞄の中に入れる人もいると思います。

鞄の中というのは中身がある程度動くのが普通です。

マネークリップ付き財布を鞄の中に入れていたらどうなると思いますか?

 

「お札が他の荷物に揉まれてぐちゃぐちゃになる」これが結論です。

考えてみれば当たり前なのですがマネークリップ付き財布と言えど、

お札が剝き出しになっているわけです。

 

財布がお札を守るようにずっと閉じてくれてればいいのですが、

上でしつこいくらい説明したようにお札があると財布の口は空いてしまいます。

結果として鞄の中でお札が他の荷物に揉まれてぐちゃぐちゃになってしまうのです。

 

マネークリップ付き財布を買わない方がいい理由②お札がバラバラと落ちてしまう

 

以下のリンクのようなマネークリップ付きだとお札を挟む力が非常に強いです。


 

しかしマネークリップ付き財布のクリップというのは開閉式になっているため、

お札を挟む力が非常に弱いです。

ドル札のようにヘナヘナとしてお札ならいいのかもしれませんが、

 

上に書いたように日本札というのは非常にクオリティが高く硬いです。

そのためお札の枚数が上の写真にあるように4千円くらいなら問題ないでしょう。

しかしお札の数が増えてしまうとマネークリップがお札の力負けてしまい、

 

お札が落ちてしまうんです。

無理矢理折りたたもうとしても日本札は硬いので、

変な折り目がついて横から飛び出してしまうんです。

 

マネークリップ付き財布を買わない方がいい理由③お札と一緒にレシートもむき出しになる

 

レシートをこまめに取っておく人というのは少ないかもしれません。

しかし僕のように個人事業主だったり法人の社長業をしているとレシートは必須です。

なぜならレシートを経費として計上することができるからです。(全部ではない)

 

それ以外にも家計簿アプリで家計簿をつける人も最近は増えています。

そのような方々にもレシートは後で捨てるにしても必須かと思います。」

 

話が長くなりましたがマネークリップ付き財布だと、

レシートもお札と一緒にに挟むことになります。

長財布ならポケットが中で分かれているのでお札とレシートは分けて入れますよね?

 

ですがマネークリップ付き財布ではそれができません。

なぜなら薄さを保つためにポケットを全て排除しているからです。

ということでレシートを常にもらうタイプの人は、

マネークリップ付き財布はおすすめできません。

 

さらにいうとレシートを常にもらう人はマネークリップ自体おすすめできません。

 

マネークリップ付き財布を買うよりもいい方法

 

ここまでマネークリップ付き財布のをおすすめしない理由を書いてきました。

それでもマネークリップ付き財布のが欲しいという人におすすめの方法があります。

それが

 

「クレジットカードを挟めるマネークリップを買うという方法」

「小銭入れは別で持ち歩くかズボンのポケットに入れる方法」

 

この二つです。

一つづつ説明していきます。

 

クレジットカードを挟めるマネークリップを買う


 

STORUS(ストラス)のようなマネークリップなら単純にお札を挟むだけでなく、

お札と一緒にクレジットカードを挟むことができます。

STORUS(ストラス)以外にも似たような財布は多く発売されています。


 

the RIDGE(ザ リッジ)はSTORUS(ストラス)と違い、

クレジットカードが剝き出しになるとはありません。

クレジットカードを大事に守りたい人向けのマネークリップです。

 

マネークリップを持つなら小銭入れは別で購入するのがスマート

 

僕がマネークリップ付き財布を二年使って思った感想は、

マネークリップを持つなら小銭入れは必須ということです。

「小銭入れなんていらない」「ズボンのポケットで充分」という人もいると思います。

 

しかしデートでオシャレなお店に行った時に小銭をポケットに入れるってどうですか?

僕個人は「あまりかっこいいとは思えない」が個人的な感想です。

さらにポケットの中で小銭がずっとジャラジャラしているのが気になるというのも嫌でした。

 

タイに旅行に行った時に起きた事件なのですが、

家に帰宅することがない場合、小銭はずっとポケットの中にあります。

もちろんホテルに帰った時に小銭を出してもいいのですが、

 

外貨というのは外国にいる内に使い切らないと日本に持って帰っても無価値です。

そうなると小銭を使うために常にズボンのポケットに小銭をいれなければいけません。

これが僕的には相当なストレスでした。

 

ということで小勢入れ付き財布を買う手段を選ばない人。

マネークリップに切り替えたい人に小銭入れは必須だと思います。


 

個人的にマネークリップを持っているときの小銭入れはあくまでも入れ物。

ズボンのベルトループにつけておいて、

万が一お札を使う場面でお釣りが出た場合に、

ドカっと小銭を入れられるのがスマートだと考えています。

 

それでもマネークリップ付き財布を買うのがおすすめな人

 

ここまで実際にマネークリップ付き財布を二年使った上で、

マネークリップ付き財布を買わない方がいい理由を書きました。

しかし、それでも、どうしても、マネークリップ付き財布が欲しい人。

どんな人ならマネークリップ付き財布を買うのがおすすめなのか一覧で書いておきます。

 

  • ほとんどお札を持ち歩かない人
  • 小銭をポケットに入れても気にならない人
  • レシートを受け取らない人
  • お札が折れたり、変な跡がついても気にならない人
  • 欲しい財布があって一時的にマネークリップ付き財布が欲しい人
  • とにかく自分で試さないと気が済まない人

以上です。

上に書いたようにどうしてもマネークリップ付き財布が欲しい人は、

クレジットカードを挟めるマネークリップと小銭入れを買うことをおすすめします。

YouTubeチャンネルもやってます

ミニマリスト系のYouTuberをやっています。
チャンネル登録、高評価していただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きょうた

きょうた/ミニマリスト/ブロガー/Youtuber

東京に10年住んだ後、地元広島に戻ってYoutubeをメインに発信活動をしています。 Youtubeの動画では僕が抱えているADHD(注意欠陥多動性障害)という発達障害や、 僕自身が感じる生き方論などを個人的な主観で発信しています。

-ガジェット

Copyright© きょうたのシンプルガジェットライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.